発達性協調運動障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
協調運動障害から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Developmental coordination disorder
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
神経学, psychomotor education[*]
ICD-10 F82,R27
ICD-9-CM 315.4
MeSH D019957
テンプレートを表示

発達性協調運動障害(はったつせいきょうちょううんどうしょうがい、Developmental coordination disorder)とは、協調的運動がぎこちない、あるいは全身運動(粗大運動)や微細運動(手先の操作)がとても不器用な障害を言う。そのために、学習日常生活に大きな影響を及ぼしている場合である。また、怪我や身体障害のリハビリに支障を来すため、治療期間が長引く場合がある。支援方法については、「発達性協調運動障害#支援」を参照。

概要[編集]

協調運動とは、諸種の別々の動作を1つにまとめる運動を言う。たとえば、縄跳びは手で縄を回しながら、タイミング良く飛ぶという協調運動であり、かなり高度な協調運動である。ラジオ体操も、手と足、右手と左手等の動きが別々のものを統一して行うので協調運動の一種と言える。他にも、ボールが片手で投げられないとか、ドリブルまりつき)ができない、自転車に乗れない等の困難を示すことがある。また、楽器の演奏や図工での道具を使うこともこの範疇である。

上記のような全身運動(粗大運動)ばかりではなく、ボタンをかけることができない、の左右を度々まちがえる、を使えない等の微細運動(手先の操作)にも困難を示す場合がある。全身運動とともに微細運動の両方に困難を示す場合は、軽度とは言えない運動障害を持っている。

学校教科で考えると、体育音楽図工が極端に苦手な子は、この障害の可能性がある。ただ、LDADHDとの合併が三割から五割あると言われているし、精神遅滞との合併も一部認められているので、その場合は広い範囲での学習困難をきたすことになる。

このような運動障害は、身体疾患や神経疾患脳性麻痺筋ジストロフィーなど)、広汎性発達障害にも見られるが、その場合は発達性協調運動障害と同時には診断されない。国際的診断基準が規定する順位では、より重度を優先順位とするからである。

俳優ダニエル・ラドクリフは、この障害があることを明らかにしている。

支援[編集]

多面的な観点から適切なアセスメントを行い、早期支援をすることが重要である[1]

薬物療法[編集]

メチルフェニデートの有効性が報告されている[2]

非薬物療法[編集]

ライフステージにおける課題や困り感に合わせて、理学療法作業療法感覚統合療法などの療育プログラムを組み合わせる[2]自尊感情の低下など二次症状がある場合は、カウンセリングを含めた心理社会的アプローチも行う[2]

環境調整[編集]

個人へのアプローチのみならず環境調整の視点も重要であり、代替手段(例:書字→音声入力)の積極的活用などを含む合理的配慮を通して本人をサポートする[2]

関連項目[編集]

  1. ^ 松原 豊 (2012). “知的障害児における発達性協調運動障害の研究 : 運動発達チェックリストを用いたアセスメント”. こども教育宝仙大学紀要 3: 45-54. 
  2. ^ a b c d 中井 昭夫 (2015). “不器用な子どもたちに関する基本的な理解 : 発達性協調運動障害”. チャイルドヘルス 18 (6): 406-409.