卑弥呼 (AV女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

卑弥呼(ひみこ、1971年9月3日 - )は、1990年代前半に活動した日本AV女優である。村西とおるが率いたダイヤモンド映像を代表するAV女優の一人。

東京都豊島区池袋出身。ボディサイズはT166/B90/W60/H87(デビュー時)→T166/B90/W60/H89(復帰時)。血液型AB型。

経歴[編集]

1990年度の「ミス日本」の東京代表(グランプリではない)[1]に選ばれる。受賞の翌月、1本500万円の出演料[2]で『大和撫子タマの腰』でAVデビュー。日本版トレイシー・ローズと呼ばれたボディスタイルと美貌、持ち前の明るいスケベっぷりで、ダイヤモンド映像専属女優の中でもトップクラスの人気を誇った。芸名は村西とおるの発案による。

ダイヤモンド映像と関連会社では20本余りの作品に出演したが、活動期間がダイヤモンド映像が経営破綻していく時期と重なり、支払われたギャラのうち3,000万円を村西に貸したまま踏み倒されたと告白。ワイドショー週刊誌などが大きく取り上げるスキャンダルになった。[3]

その後はグラビア活動を行っていたが、ダイヤモンド映像の監督だった日比野正明の仲介により1993年クリスタル映像でAVに復帰。6本のビデオに出演したのち、業界から完全に引退した。[4][5]

なおトレイシー沙貴という別名でビデオが発売されたという情報が散見されるが、裏ビデオでしか使われておらず、公式リリースは全て卑弥呼名義である。

デビュー時のプロフィールは「1970年6月7日生まれ、長崎県出身、血液型A型」 [6]で、他にも複数のプロフィールがあったが、その後本項冒頭の形となった。

作品[編集]

アダルトビデオ[編集]

  • えびすさんがみてる (1990年頃、裏ビデオ)※デビュー作
  • 大和撫子タマの腰 (1990年7月11日、ダイヤモンド映像
  • やってなさそでそんなんじゃない娘 (1990年8月11日、ダイヤモンド映像)
  • 鮮度120% ハマッ娘デビュー (1990年8月15日、ビックマン
  • 女に生まれてよかった宣言 (1990年9月11日、ダイヤモンド映像)
  • 黒くてぶっといのが大好き (1990年10月15日、ダイヤモンド映像)
  • とにもかくにもいっぱいにください、極楽棒を!! (1990年11月21日、ダイヤモンド映像)
  • 女の生き方教えます (1990年12月21日、ダイヤモンド映像)
  • 極上ボディーの女 只今参上 この娘が日本で一番です (1991年1月21日、ダイヤモンド映像)
  • 若奥様 卑弥呼 (1991年2月21日、ダイヤモンド映像)
  • 豊田薫の口全ワイセツ 2 (1991年3月7日、ヴィーナス
  • 若奥様、もう一度 (1991年3月21日、ダイヤモンド映像)
  • この体に男のロマンあり (1991年4月25日、ダイヤモンド映像)
  • インストラクター卑弥呼 (1991年5月25日、ダイヤモンド映像)
  • 愛は奇跡にファンタスティック (1991年6月25日、ダイヤモンド映像) 
  • すじ立ちぬ (1991年7月25日、ダイヤモンド映像)
  • 女教師レイプ魔 (1991年8月25日、ダイヤモンド映像)
  • スイートバニー・卑弥呼 (1991年9月25日、ダイヤモンド映像)
  • スチュワーデス・卑弥呼 ぐしょ濡れ直行便 (1991年10月25日、ダイヤモンド映像)
  • 愛と腰使いの果てに (1991年11月25日、ダイヤモンド映像)
  • ハイレグスター3 女[悶狂]獣 (1992年1月21日、ビックマン)
  • 突きっぱなし 卑弥呼 (1992年2月15日、ビックマン)
  • Stuff (1992年3月21日、裸の王様
  • 卑弥呼伝説 (1993年8月19日、メシア
  • スキャンダルに天誅を (1993年10月14日、メシア)
  • 官能BODYランゲージ (1993年12月14日、メシア)
  • スーパーレズビアン 禁断の白衣 (1994年2月10日、メシア)
  • 卑弥呼神話 (1994年3月31日、メシア)
  • 不死鳥・卑弥呼 (1994年6月30日、メシア)

オリジナルビデオ[編集]

  • 桃尻こねクション (1993年9月1日、バップ) 共演:杉浦友美、前薗小百合

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本橋信宏「村西とおるを奪い合ったAV女優たち」『新潮45』2006年6月号
  2. ^ 『新潮45』2006年6月号
  3. ^ 「ビデオ・ザ・ワールド」 1992年11月号 白夜書房 pp.56-58。
  4. ^ 「ビデオ・ザ・ワールド」 1993年9月号 白夜書房 pp.54-55。
  5. ^ 本橋信宏 『エロ職人ヒビヤンの日々涙滴』 バジリコ、2004年、pp163-190、302-304。
  6. ^ 「ビデオ・ザ・ワールド」 1990年8月号 白夜書房 pp.3-5。