北陣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北陣(きたじん)は、日本相撲協会年寄名跡のひとつである。陣幕久五郎を祖とする。陣幕長兵衛を祖とする名跡「陣幕」と区別するために「北陣幕」と呼んでいたものが「北陣」へと変化したものである。1927年昭和2年)の東西合併時に大阪相撲由来の名跡のため、一度廃家となるが、1942年(昭和17年)に復活した[1]。2018年5月現在の所有者は遠藤聖大[2][3]

北陣の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 陣幕久五郎 横綱 朝日山(大阪)-秀ノ山-陣幕(北陣)部屋(大阪) 1851年1月-1880年9月(廃業) 二枚鑑札
2代 一軸捨吉 --- ---
3代 懸車富貴智 --- ---
4代 盤石勝治郎 --- ---
5代 時の松金藏 --- ---
6代 桂川質郎 前1 楯山-伊勢ヶ濱部屋 1942年5月-1943年1月 12代岩友に名跡変更
7代 磐石熊太郎 関脇 朝日山部屋 1943年1月-1944年9月(死去)
8代 桂川質郎 前1 楯山-伊勢ヶ濱部屋 1946年11月-1948年5月 6代の再襲名、9代木瀬に名跡変更
9代 九ヶ錦坦平 前3 井筒-九重-朝日山部屋 1949年1月-1953年5月 14代桐山に名跡変更
10代 高津山芳信 関脇 朝日山部屋 1953年5月-1959年9月 15代朝日山に名跡変更
11代 大蛇潟金作 前1 錦島部屋 1960年3月-1962年3月(廃業)
12代 大昇充宏 前1 春日山-立浪-春日山部屋 1962年3月-7月 借株、9代関ノ戸に名跡変更
13代 福ノ海七男 前10 朝日山部屋 1962年7月-1975年5月 借株、14代浦風に名跡変更
14代 若二瀬唯之 小結 大鳴戸-朝日山部屋 1975年5月-1975年10月 17代朝日山に名跡変更
15代 福ノ海七男 前10 朝日山部屋 1976年1月-1981年1月 借株、13代の再襲名、18代桐山に名跡変更
16代 玉輝山正則 小結 片男波部屋 1984年3月-1988年1月(廃業) 借株
17代 黒姫山秀男 関脇 立浪部屋 1988年1月-2月 借株、12代武隈に名跡変更
18代 大剛健嗣 前11 花籠部屋 1988年5月-9月(廃業) 借株
19代 麒麟児和春 関脇 二所ノ関部屋 1988年9月-2018年3月(停年(定年)退職)

脚注[編集]