北村清士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北村 清士(きたむら せいし、1947年(昭和22年)4月14日- )は、日本の銀行家東邦銀行頭取。一般社団法人福島県銀行協会理事・会長。

人物・来歴[編集]

福島県喜多方市(旧・塩川町)出身。慶應義塾大学商学部卒業後、東邦銀行に入行[1]

2007年(平成19年)、瀬谷俊雄の後任として頭取に昇格する。また、同行初の生え抜きとして頭取就任となった[2]

略歴[編集]

  • 1966年(昭和41年) - 福島県立会津高等学校卒業。
  • 1970年(昭和45年) - 慶應義塾大学商学部卒業。東邦銀行入行。
    • 以降、企画部長代理兼企画課長、方木田、須賀川各支店長、資金証券部長、総合企画部長等を歴任する。
  • 1999年(平成11年) - 取締役総合企画部長委嘱。
  • 2001年(平成13年) - 常務取締役本店営業部長委嘱。
  • 2004年(平成16年) - 副頭取就任。
  • 2007年(平成19年) - 頭取就任。

脚注[編集]

  1. ^ “編集長インタビュー [前編]福島復興は地銀の使命、震災のなか勘定系を刷新 東邦銀行 取締役頭取 北村清士氏”. 日経コンピュータ. (2012年2月23日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Interview/20120215/381751/ 2014年3月24日閲覧。 
  2. ^ 『ニッキン縮刷版 47版 2007年』 日本金融通信社、2008年