北川千代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北川 千代(きたがわ ちよ、1894年6月14日 - 1965年10月14日)は、児童文学作家。 埼玉県大寄村(現・深谷市)生まれ。三輪田高等女学校在学中『少女世界』『少女の友』に投稿。1911年病気で中退するが『女学世界』に創作を寄せる。15年江口渙と結婚。19年から『赤い鳥』など童話、少年・少女雑誌に寄稿。21年社会主義女性団体赤瀾会に参加。22年江口と別れ、高野松太郎と同棲。北川幸比古は甥。

著書[編集]

  • 小鳥の家 平凡社 1929.9 (令女文学全集)
  • 絹糸の草履 大日本雄辯會講談社 1931.10
  • 春やいづこ 大日本雄辯會講談社 1934.4
  • 二年生特選童話 童話春秋社 1939
  • 山上の旗 童話集 童話春秋社 1939
  • ひらがな童話たすけあひ 童話春秋社 1940
  • コバトノイヘ カタカナ童話集 童話春秋社 1940
  • 明るい空 童話集 フタバ書院 1941
  • お父さんの村 講談社 1941
  • 母の幻 ポプラ社 1948
  • 八本のマッチ 雁書房 1948
  • 春雨の曲 ポプラ社 1948
  • 巣立ちの歌 古径社 1948
  • 海の城・山の城 真野出版 1948
  • 花の地球 桜井書店 1948 (こどもかい文庫)
  • あひるさんのかいもの 金の星社 1950 (低学年童話文庫)
  • 北川千代児童文学全集 北川幸比古,鳥越信,古田足日編 講談社 1967
  • 北川千代 深谷で生まれた児童文学作家 深谷市教育委員会 2001.3

再話[編集]

参考[編集]

  • 日本近代文学大辞典