北島兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北島兄弟(きたじまきょうだい)は、日本演歌デュオである。メンバーは北島音楽事務所所属の歌手、北山たけし大江裕


経緯[編集]

2018年、翌2019年は北山にとって歌手生活15周年、大江にとって歌手生活10周年という節目の年であり、2人で「全国を回りたい」と話し合い、師匠である北島三郎に相談を持ち掛けたところ、「いいじゃないか。お前たちは北島ファミリーの兄弟。『北島兄弟』という名前をあげるから、誠(=大地土子、北島の次男である大野誠)にデュエット曲をお願いしてみろ」と背中を押されたことが結成の発端である[1]

2人からの依頼を受けた誠は2018年に楽曲を完成させるも、アレンジをする直前の同年3月に他界。皮肉にも、誠の遺作となってしまった[2]。 楽曲はのちに「兄弟」に由来して「ブラザー」と名付けられ、北島兄弟のデビュー曲とされた。

「ブラザー」は大江がソロ曲を出している日本クラウン(クラウン徳間ミュージック)と北山がソロ曲を出しているテイチクエンタテインメントの2レーベルから同時発売されるという珍しい販売方式が採られた[3]

北山、大江の歌手生活の節目として結成されたユニットではあるが、ユニット自体は期間限定ではなく、今後もソロと並行して活動する方針である。

北山は「一度『北島』の名前をもらったらこっちのもんです」と笑わせ、「(北島)師匠の背中を見ながら兄弟で頑張りたい。年末に向けて良い結果を残して恩返ししたい」と意欲を見せた[4]

2018年12月、輝く!日本レコード大賞で「企画賞」受賞。

2018年12月、同月大晦日に開催される「第69回NHK紅白歌合戦」の特別枠として、北島が「まつり」で5年ぶりに出演することが決まり、北島と共に北島兄弟も「ブラザー」で出演することが決まり[5]、12月31日、見事に歌い上げた。

2019年2月25日、第2弾シングル「兄弟連歌」(上述の「ブラザー」の大江版のサブタイトルとは別曲)が発表された。今回も北山版(テイチク)、大江版(クラウン)が同時発売され、カップリングにはそれぞれのソロ曲が入る。尚、北山版のカップリング曲「手紙」では、北山が「TAKESHI」名義で作曲に挑戦している。

ディスコグラフィー[編集]

シングル

ブラザー c/w ごきげんソング♪(大江ソロ)  日本クラウン(クラウン徳間ミュージック)版(CRCN-8174、2018.8.15)

ブラザー c/w 篝火(北山ソロ)  テイチクエンタテインメント版(TECA-13865、2018.8.15)

兄弟連歌 c/w ガラスの街(大江ソロ)  日本クラウン(クラウン徳間ミュージック)版(CRCN-8230、2019.2.25)

兄弟連歌 c/w 手紙(北山ソロ)  テイチクエンタテインメント版(TECA-13913、2019.2.25)

※「手紙」の作曲のみTAKESHI(=北山たけし)、それ以外の全曲、作詞・作曲は大地土子(大野誠)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北山たけしと大江裕の「北島兄弟」サブちゃん命名ユニットで紅白狙う東スポweb2018年7月7日 (2018年12月27日 閲覧)
  2. ^ 北山たけし&大江裕で「北島兄弟」 師匠・サブちゃん次男の遺作を熱唱スポーツ報知2018年7月6日 (2018年12月27日 閲覧)
  3. ^ カップリングは日本クラウン版には大江のソロ、テイチク版には北山のソロが入っている。また、大江版には「兄弟連歌」のサブタイトルが付く。
  4. ^ 北山たけし&大江裕で「北島兄弟」 師匠・サブちゃん次男の遺作を熱唱スポーツ報知2018年7月6日 (2018年12月27日 閲覧)
  5. ^ 「夢を歌おう」特別企画 “紅白に、サブちゃんが帰ってきた!” 北島三郎、「平成最後の紅白」に出演決定! そして、北島兄弟に演歌の心をつなぐ第69回NHK紅白歌合戦 公式サイト内

外部リンク[編集]