勝田龍夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

勝田 龍夫(しょうだ たつお、1912年2月22日 - 1991年5月28日)は、元日本債券信用銀行会長。父は朝鮮銀行総裁大蔵大臣等を務めた勝田主計。妻は西園寺公望秘書原田熊雄の娘。

来歴・人物[編集]

東京府下豊多摩郡渋谷町中渋谷に、愛媛県松山市出身の大蔵官僚勝田主計・伊与子の4男として生まれる。

東京府青山師範学校付属小学校、東京府立一中に入学。その頃、一中においてサッカー部が創設されキャプテンになる。1930年昭和5年)、一中卒業と同時に、同校地にあった旧制府立高等学校に入学。サッカー部を創設した一員になる。その後、文士志望からの文学部行きを母に大反対され、京都帝国大学法学部に入学。1937年(昭和12年)、朝鮮銀行入行。

戦後、朝鮮銀行は解散させられたが、その残余資産をもって設立された日本不動産銀行に移り、以後、1969年(昭和44年)頭取に就任。1973年(昭和48年)には会長に退き、会長退任後も死去するまで名誉会長の地位にあった。日本不動産銀行も1977年(昭和52年)、日本債券信用銀行と改称した。

また、ノンフィクション作家としても知られ、著書に『重臣たちの昭和史』(文春文庫)がある。元老西園寺公望の側近原田熊雄の娘婿という立場を活かした綿密な取材と熟達した語り口で評価が高い。また、取材当時健在だった元内大臣木戸幸一から「近衛内閣がやめるときには、どうせ誰を持ってきても戦争は避けられないから(そして敗戦は必至だから)皇族内閣など作ったら皇室に累が及ぶ、だからどうせなら平民、軍人の方がいいじゃないかというので東條英機を推薦した」という発言を引きだしている。

1991年(平成3年)5月28日死去。享年79。テレビ朝日アナウンサー勝田和宏は親戚。

参考書籍[編集]

  • 勝田龍夫 「『昭和』の履歴書」 文藝春秋 1991年、没後刊
  • 「追憶の勝田龍夫」 勝田龍夫追悼集編纂委員会編 1992年、非売品
  • 勝田龍夫 「重臣たちの昭和史」(上・下)、文藝春秋 1981年、文春文庫 1984年、文春学藝ライブラリー(文庫) 2014年
    • 「重臣たちの昭和史 補遺」 非売品・私家版
  • 勝田龍夫 「中国借款と勝田主計」 ダイヤモンド社 1972年

関連項目[編集]