勇気あるもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勇気あるもの
Renaissance Man
監督 ペニー・マーシャル
脚本 ジム・バーンスタイン
製作 サラ・コールトン
エリオット・アボット
ロバート・グリーンハット
アンドリュー・G・ヴァイナ
製作総指揮 ペニー・マーシャル
バズ・フェイシャンズ
出演者 ダニー・デヴィート
グレゴリー・ハインズ
ジェームズ・レマー
クリフ・ロバートソン
音楽 ハンス・ジマー
撮影 アダム・グリーンバーグ
編集 ジョージ・ボワーズ
バトル・デイヴィス
製作会社 シナージ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年6月3日
日本の旗 1995年1月28日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000
興行収入 $24,332,324[1]
テンプレートを表示

勇気あるもの』(ゆうきあるもの、Renaissance Man)は1994年に製作されたアメリカ映画

ストーリー[編集]

広告大賞の受賞歴を持つベテラン広告マン、ビル・レイゴーは大事なクライアントとの打ち合わせに出席が出来ず、失業してしまう。職業安定所通いでありついた職は、なんと経験のない「教師」の職。しかも教えるのは、陸軍訓練所の落ちこぼれ兵士たち。いやいやながら教壇に立ったレイゴーだが、『ハムレット』を「殺人、セックス、近親相姦、狂気」と説明すると、リロイを始めとする生徒たちが興味を示す。意外な方向での授業が展開し、レイゴーと生徒たちに交流が生まれる。シェイクスピア作品を通じて、落ちこぼれ教師にも生徒たちの可能性を引き出す情熱が生まれてくる。演習を前に『ヘンリー五世』から「アジンコートの戦い」の演説(St Crispin's Day Speech)も紹介される。『オセロー』を知ってこんな昔に人種を問題にした男がいたのかと驚かれる。巡業公演にも参加する。管理役のマードック大尉をさまざまな事件で悩ませながら、レイゴーも自信を取りもどし、会話がなかった娘と仲直りをして、新しい恋人も見つけ、「再生」したのは兵士たちだけではなかった。

卒業式。『ハムレット』から多くを学んだ兵士たちが卒業パレードに加わっていた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Renaissance Man (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]