加藤敬弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 敬弘(かとう たかひろ、1940年4月 - )は日本の経済学者高崎経済大学名誉教授[1]。専門分野は経済分析環境経済学広島県比婆郡西城町生まれ。2018年秋、瑞宝中綬章受章[2]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1967年5月 高崎経済大学経済学部助手
  • 1969年9月 高崎経済大学経済学部専任講師
  • 1973年4月 高崎経済大学経済学部助教授
  • 1981年4月 高崎経済大学経済学部教授
  • 2006年3月 定年退官

脚注[編集]

  1. ^ 高崎経済大学五十年史編集委員会編 (2007-06-15). 高崎経済大学五十年史 : 地域貢献の理想を求めて. 高崎経済大学. p. 461 
  2. ^ 平成30年秋の叙勲 受章者名簿”. 文部科学省. p. 11. 2019年10月31日閲覧。
  3. ^ 加藤敬弘教授 略歴および研究業績”. 2019年10月31日閲覧。
  4. ^ http://www1.tcue.ac.jp/home1/k-gakkai/ronsyuu/ronsyuukeisai/48_3/gakucyouaisatu.pdf”. 高崎経済大学. p. iii. 2019年10月31日閲覧。