加納久徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
加納 久徴
時代 江戸時代後期(幕末
生誕 文化10年(1813年
死没 元治元年3月22日1864年4月27日
改名 汲次郎(幼名)、久徴
戒名 徳性院勇達日徴
墓所 東京都台東区の谷中墓地
東京都新宿区須賀町の戒行寺
官位 従五位下、大和守、備中守、駿河
幕府 江戸幕府
上総国一宮藩
氏族 加納氏
父母 父:加納久儔、母:高木正剛の娘
正室:石川総佐の娘
養子:加納久成加納久恒
養女:(久儔の娘・加納久恒室)

加納 久徴(かのう ひさあきら)は、上総一宮藩の第2代藩主。一宮藩加納家6代。

経歴[編集]

文化10年(1813年)、伊勢八田藩(東阿倉川藩)の第4代藩主・加納久慎の世子である加納久儔(後の上総一宮藩の初代藩主)の長男として生まれる。天保元年11月1日、将軍徳川家斉に拝謁した。天保9年12月16日、従五位下大和守に叙任する。後に備中守、駿河守、遠江守、備中守に改める。天保13年(1842年)10月21日、父の隠居により家督を継いで一宮藩主となる。

嘉永2年(1849年)1月28日に大番頭に任じられ、安政2年(1855年)2月に講武所総裁を兼任する。安政4年(1857年)閏5月1日に奏者番に任じられ、文久元年(1861年)7月15日に若年寄に任じられるなど、幕末期の要職を歴任した。和宮江戸幕府第14代将軍・徳川家茂のもとに降嫁する際には、江戸までの警護役を務めた。文久2年閏8月25日、若年寄を辞職する。

治績[編集]

天保15年(1844年)、領地の一宮にあった灌漑貯水池を拡張し、中国の洞庭湖の名をとって「洞庭湖」と名づけ、記念碑を建てた[1]。この記念碑は1981年昭和56年)に一宮町指定史跡に指定されている[2]

藩政では、幕閣として中央政治に従い、領地の海岸に武士溜陣屋を設けて藩兵の訓練を行ない、弘化元年(1844年)には他藩に先駆けて砲台を建設するなどしている。文久3年(1863年)11月、真忠組の乱が起こると、下総佐倉藩多胡藩陸奥福島藩と協力して文久4年(1864年)1月に鎮圧するという功績を挙げた。その直後の元治元年(1864年)3月22日に死去した。享年51。

はじめに養子として迎えていた久成は文久3年(1863年)に早世したため、改めて迎えた養子の久恒が跡を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 上総一宮郷土史研究会記念誌編集委員会編 『ふるさと今昔』 上総一宮郷土史研究会、2004年10月、90-91頁。 
  2. ^ 洞庭湖記念碑【一宮町指定史跡】”. 一宮町ホームページ. 2016年7月15日閲覧。