劉子仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

劉子仁(りゅう しじん、大明元年(457年) - 泰始2年10月1日466年10月25日))は、南朝宋皇族。永嘉王。孝武帝劉駿の九男。は孝和。

経歴[編集]

劉駿と徐昭容のあいだの子として生まれた。大明5年(461年)4月、監雍梁南北秦四州郢州之竟陵隨二郡諸軍事・北中郎将・寧蛮校尉・雍州刺史に任じられた。8月、永嘉王に封じられた。東中郎将・呉郡太守に転じた。大明6年(462年)、丹陽尹となった。大明7年(463年)、衛尉を兼ねた。大明8年(464年)閏5月、前廃帝が即位すると、征虜将軍の号を受けた。まもなく左将軍南兗州刺史に任じられた。景和元年(465年)9月、南徐州刺史に転じた。同年(泰始元年)12月、明帝が即位すると、中軍将軍の号を受け、太常を兼ねた。まもなく護軍将軍となった。泰始2年(466年)8月、使持節・都督湘広交三州諸軍事・平南将軍・湘州刺史に任じられた。10月、死を賜った。

伝記資料[編集]