前史雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前 史雄(まえ ふみお、1940年昭和15年)8月15日 - )は、漆芸家石川県輪島市出身。沈金重要無形文化財保持者(人間国宝)。

独自に沈金刀を研究し、多様な彫刻技法で知られる。石川県立輪島漆芸技術研修所所長。

略歴[編集]

  • 金沢美術工芸大学で、日本画を専攻。
  • 1964年(昭和39年)以降、養父である前大峰に師事し沈金技術を習得。
  • 1973年(昭和48年)、第20回日本伝統工芸展で「沈金稲穂に雀色紙箱」が文部大臣賞。
  • 1977年(昭和52年)、養父、大峰が死去。
  • 1992年(平成4年)、第39回日本伝統工芸展で「沈金漆箱「篁」」が日本工芸会総裁賞。
  • 1997年(平成9年)、第44回日本伝統工芸展で「沈金漆箱「十六夜」」が日本工芸会保持者賞。
  • 1999年(平成11年)6月21日、重要無形文化財「沈金」保持者認定。
  • 石川県立輪島漆芸技術研修所で後進を指導。
  • 2002年(平成14年)、紫綬褒章

関連項目[編集]