内藤裕紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

内藤 裕紀(ないとう ゆうき、1978年7月7日~)は日本実業家。株式会社ドリコム代表取締役兼株式会社ドリコムテック代表取締役兼株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア代表取締役兼株式会社ドリコムマーケティング取締役兼株式会社ジェイケン代表取締役。情報通信月間総務大臣表彰(個人)を受賞。嘗て、就職や起業に関してよく講演していた。

略歴[編集]

  • 1997年3月海城高等学校卒業。
  • 1998年4月京都大学経済学部入学。
  • 2000年6月、学生団体ドリコム立ち上げ。
  • 2001年11月、有限会社ドリコム設立。代表取締役に就任。
  • 2003年3月、株式会社ドリコムへ組織変更。代表取締役就任(現職)。
  • 2005年1月、株式会社ドリコムテック代表取締役就任(現職)。
  • 2006年2月、株式会社ドリコム、東証マザーズ上場。
  • 2006年2月13日、自分が所有するドリコム株600株を1株あたり347万円で売却し、合計約20億円の利益を獲得。
  • 2006年5月、株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア代表取締役就任(現職)。
  • 2006年12月、株式会社ドリコムマーケティング取締役就任(現職)。
  • 2007年4月、株式会社ジェイケン代表取締役就任(現職)。
  • 2007年8月、爾来、社長ブログへの書き込み途絶え、行動ターゲッティング広告ビジネスへとシフト。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]