内藤裕紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内藤 裕紀(ないとう ゆうき、1978年7月7日 - )は日本実業家株式会社ドリコム創業者[1]2003年より同社代表取締役社長[1]

人物・経歴[編集]

東京都出身。1997年海城高等学校を卒業後[2]京都大学経済学部に進学[2]。同学在学中の2000年に京都の大学生を中心とした学生団体ドリコムを設立。2001年に日本初となるブログサービス「マイプロフィール」を提供する有限会社ドリコムを設立し[3]代表取締役に就任。2003年に同社を株式会社化し、代表取締役社長に就任。2006年2月に同社は東証マザーズへの上場し、同市場最年少上場企業経営者として脚光を浴びる[4]。その後一貫して、同社の代表取締役社長として、ソーシャルゲームインターネット広告など、インターネット領域でのサービス開発・提供に携わる。

また企業経営以外でも、日本における最初期の学生起業家として上場、事業の再興・拡大を導いた経験を活かし、次世代の起業家育成や[5]ITプログラミング教育の振興にも積極的に関与するなど[6]、後進の育成を通じたIT業界、日本経済の活性化に取り組んでいる。

身長183.4cm、体重70.0kg、シューズサイズ:28cm。趣味はトライアスロン。その眉目秀麗さと長身から同業者間では「王子」と仇名され、CM出演歴もある。

略歴[編集]

  • 1998年4月:京都大学経済学部入学
  • 2000年6月:学生団体ドリコム設立
  • 2001年11月:有限会社ドリコム設立。代表取締役に就任
  • 2003年3月:株式会社ドリコムへ組織変更。代表取締役就任(現任)[1]
  • 2004年11月:IT企業経営者向けコンファレンス「NILS」にて登壇。自社株式の上場を意識[7]
  • 2005年1月:株式会社ドリコムテック代表取締役就任
  • 2006年2月:株式会社ドリコム東証マザーズ上場[8]
  • 2006年5月:株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア(現株式会社じげん)代表取締役就任
  • 2006年12月:株式会社ドリコムマーケティング取締役就任
  • 2007年4月:株式会社ジェイケン(現株式会社ドリコム)代表取締役就任
  • 2008年3月:楽天株式会社と資本・業務提携。次世代行動ターゲティング広告領域での事業開発を主導[9]
  • 2009年12月:ソーシャルゲームの可能性にいち早く着目し、事業フォーカスのシフトを決定。米CrowdStar社との協業を開始[10]
  • 2011年6月:ギラン・バレー症候群に罹患。闘病を開始。(現在は完治)[7]
  • 2012年3月:インターネット×教育 領域へ参入。事業拡大を牽引し、同事業は2014年に楽天株式会社との合弁会社、株式会社ReDucateに[11]
  • 2014年7月:学生の起業支援プログラムとしてインキュベーションプログラム『Startup Boarding Gate』を考案・実施支援[12]
  • 2014年9月:株式会社ReDucate取締役就任
  • 2017年8月:株式会社BXD取締役就任 [13]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 役員紹介 | 株式会社ドリコム”. www.drecom.co.jp. 2019年10月1日閲覧。
  2. ^ a b 内藤 裕紀” (日本語). 海城中学高等学校. 2019年10月1日閲覧。
  3. ^ vol.1 「ドリコム」が誕生するまで -株式会社ドリコム 取締役 廣瀬敏正 | 成長ベンチャーへの転職支援サイト startup スタートアップ”. www.s-venture.jp. 2019年10月1日閲覧。
  4. ^ 週刊BCN+. “ドリコム 代表取締役 内藤裕紀” (日本語). 週刊BCN+. 2019年10月1日閲覧。
  5. ^ 日本に新たなVCを 著名起業家ら連合「次世代」育成” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年10月1日閲覧。
  6. ^ KSプロジェクト「IT・プログラミングキャンプ」” (日本語). 海城中学高等学校. 2019年10月1日閲覧。
  7. ^ a b 貯金残高30万円、突然の重病… 幾多の苦境を乗り越えた、ドリコム内藤氏の復活劇” (日本語). ログミーBiz. 2019年10月1日閲覧。
  8. ^ 沿革 | 株式会社ドリコム”. www.drecom.co.jp. 2019年10月1日閲覧。
  9. ^ ドリコム、楽天と資本業務提携--第三者割当で新株発行も” (日本語). CNET Japan (2008年3月21日). 2019年10月1日閲覧。
  10. ^ ドリコム、Facebookでソーシャルゲームを提供するCrowdStar社との協業を開始 ~Facebookで2700万人が遊ぶ『Happy Aquarium』を国内で提供~ | 株式会社ドリコム”. www.drecom.co.jp. 2019年10月1日閲覧。
  11. ^ ドリコム/楽天と合弁会社設立を伴う業務提携” (日本語). ict-enews.net. 2019年10月1日閲覧。
  12. ^ 熱意ある学生を支援する5ヶ月間のプログラム『Startup Boarding Gate』を開催! | 株式会社ドリコム”. www.drecom.co.jp. 2019年10月1日閲覧。
  13. ^ 株式会社 BXD” (日本語). 株式会社 BXD. 2019年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]