内田伸哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 伸哉(うちだ しんや、1981年 - )は、日本プロデューサークリエイティブディレクターマジシャン

経歴[編集]

神奈川県出身。慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了。 学生時代よりプロデューサー・マジシャンとしてさまざまなイベントや舞台をプロデュース。

電通コピーライターを経て2012年2月にヤフー株式会社に入社[1]

2010年に発表した「iPad magic」で文化庁メディア芸術祭文部科学大臣賞を受賞[2]

受賞[編集]

著書[編集]

  • 『ずるい日本語』(東洋経済新報社、2016年)
  • 『脳のコンディションを良くする88 の挑戦』(クロスメディア・パブリッシング、2015年)
  • 『演出から学ぶ手品入門BOOK はじめてのトリック野郎』(ポプラ社、2012年)
  • 『プレゼンのアイデアノート51』(東洋経済新報社、2012年)
  • 『企画に年功序列は存在しない』(クロスメディア・パブリッシング、2012年)
  • 『年収があがるしゃべり方。』(クロスメディア・パブリッシング、2010年)
  • 『iPhone iPadマジック』(日向大祐共著、晋遊舎、2011年)

脚注[編集]

  1. ^ ヤフーの“右脳”が開発した、「さわれる検索」東洋経済オンライン 2014年5月23日
  2. ^ 奨励賞 iPad magic - 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品