兵庫県道18号加古川小野線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
兵庫県道18号標識
兵庫県道18号 加古川小野線
主要地方道 加古川小野線
総延長 20.442 km
起点 加古川市加古川町寺家町【北緯34度45分58.4秒 東経134度50分4.1秒 / 北緯34.766222度 東経134.834472度 / 34.766222; 134.834472 (県道18号起点)
主な
経由都市
三木市
終点 小野市古川町【北緯34度53分3.0秒 東経134度56分59.0秒 / 北緯34.884167度 東経134.949722度 / 34.884167; 134.949722 (県道18号終点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg 国道2号
Japanese National Route Sign 0175.svg 国道175号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

兵庫県道18号加古川小野線(ひょうごけんどう18ごう かこがわおのせん)は、兵庫県加古川市から小野市を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

起点付近
加古川市加古川町寺家町
本道の標識
加古川市八幡町宗佐
終点付近
小野市古川町

加古川の東沿岸を通っている。当県道のバイパスとして東播磨南北道路が2014年(平成26年)3月23日、国道2号から八幡稲美ランプ間(南工区の5.2キロメートル)が開通した[1]。残り北工区の6.9キロメートルは事業中で 2024年(令和6年度)全線供用予定。

路線データ[編集]

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東播磨南北道路”. 小野市. 2020年8月7日閲覧。
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  3. ^ 兵庫県告示第249号」 (pdf) 『兵庫県公報』2577号、2014年3月18日、 12頁、2016年5月28日閲覧。
  4. ^ 兵庫県告示第247号」 (pdf) 『兵庫県公報』2577号、2014年3月18日、 11頁、2016年5月28日閲覧。

関連項目[編集]