兵庫県道18号加古川小野線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
兵庫県道18号標識
兵庫県道18号 加古川小野線
主要地方道 加古川小野線
総延長 20.442 km
起点 加古川市加古川町寺家町【地図
主な
経由都市
三木市
終点 小野市古川町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg 国道2号
Japanese National Route Sign 0175.svg 国道175号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

兵庫県道18号加古川小野線(ひょうごけんどう18ごう かこがわおのせん)は、兵庫県加古川市から小野市を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

起点付近
加古川市加古川町寺家町
本道の標識
加古川市八幡町宗佐
終点付近
小野市古川町

加古川の東沿岸を通っている。当県道のバイパスとして東播磨南北道路が2014年(平成26年)3月23日、国道2号から八幡稲美ランプ間(南工区の5.2キロメートル)が開通した[1]。残り北工区の6.9キロメートルは事業中で 2024年(令和6年度)全線供用予定。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東播磨南北道路”. 小野市. 2020年8月7日閲覧。
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  3. ^ 兵庫県告示第249号」 (pdf) 『兵庫県公報』2577号、2014年3月18日、 12頁、2016年5月28日閲覧。
  4. ^ 兵庫県告示第247号」 (pdf) 『兵庫県公報』2577号、2014年3月18日、 11頁、2016年5月28日閲覧。

関連項目[編集]