共有地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

共有地(きょうゆうち)とは、複数の所有者によって所有される土地。共有地の悲劇(コモンズの悲劇)により、誰にでも使用可能と考えられがちであるが、グループで管理し、利害関係者以外の使用を排除できる土地をいう。通常非正式に取り決めなどが行われ、運用されている場所が多い。

関連項目[編集]