六甲船客ターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内貿バースに接岸中の「琉球エキスプレス」
施設の外観。貨物倉庫が併設されている
旅客ターミナルの正面
旅客ターミナルの待合室
ボーディングブリッジ

六甲船客ターミナル(ろっこうせんきゃくターミナル)は、神戸港に存在するターミナルの一つである。

概要[編集]

1990年に設置。六甲アイランド北東、六甲アイランドフェリーターミナルがあるフェリーバースの東南隣、トランパーバースの東北隣の「内貿バース」内に位置し旅客ターミナルと貨物倉庫を一体化した施設が設置されていた。

当バースからは、マルエーフェリー(旧 大島運輸)阪神沖縄航路の長距離フェリー「琉球エキスプレス」(6,266トン)が発着していた。

マルエーフェリー阪神航路の旅客営業終了に伴い、2017年10月11日をもって旅客設備を閉鎖。以降は同社のRO-RO船の発着埠頭として引き続き使用。

定期航路[編集]

マルエーフェリー(阪神沖縄航路)

所在地[編集]

交通[編集]

神戸フェリーバスがフェリーの運航にあわせて運行する「連絡バス」が設定されていた。以下の3駅で乗降が可能であり、このうち船客ターミナルからアイランド北口駅までの利用は無料である。なお、経由順序により所要時間は多少異なる。[1]

周辺[編集]

近隣の旅客船ターミナル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マルエーフェリー連絡バスダイヤ表 - 神戸フェリーバス(2013年8月20日閲覧)
[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分43秒 東経135度17分16秒 / 北緯34.69528度 東経135.28778度 / 34.69528; 135.28778