六把野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
六把野駅
六把野駅跡(線路左側がホーム跡、右側は駐輪場{現在は撤去済み})
六把野駅跡(線路左側がホーム跡、右側は駐輪場{現在は撤去済み})
ろっぱの
ROPPANO
穴太 (1.1km)
(1.2km) 北大社
所在地 三重県員弁郡東員町
所属事業者 三岐鉄道
所属路線 北勢線
キロ程 9.1km(西桑名起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1914年(大正3年)4月5日
廃止年月日 2005年(平成17年)3月26日
テンプレートを表示

六把野駅(ろっぱのえき)は、三重県員弁郡東員町にあった三岐鉄道北勢線。三岐鉄道の事業合理化の方針により2005年(平成17年)3月26日に北大社駅と統合のうえ東員駅が新設され、廃駅となった。

駅構造[編集]

無人駅ホーム上に駅舎(待合室)とトイレ(男女共用の汲み取り式)が設置されていた。ホームから線路・水路を挟んだ向かい側(線路横道路線路側および農協倉庫敷地の一部)に、当時の北勢線としては比較的規模の大きい駐輪場が設置されていた。ホーム、駅舎は2005年(平成17年)夏に撤去され、空き地になった。駐輪場は駅廃止後もしばらく存置されたが、2007年になって全て撤去された。現在では駅があった遺構は何も残っていない。

利用状況[編集]

  • 主として通学・通勤用に利用されていた。
  • 桑名 - 阿下喜の間に平行してバス路線があり、バスの方が早く本数も多いため、バス利用者も多かった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

三岐鉄道
北勢線
穴太駅 - 六把野駅 - 北大社駅

関連項目[編集]