公達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

公達(きんだち)とは、本来は諸王のことを指したが、後代には臣籍にある諸王の子弟や、摂家清華家などの子弟・子女に対する呼称として用いられた[1]。公達家は清華家の異称。

平安時代中期以降、藤原氏忠平流や宇多天皇以降の賜姓源氏宇多源氏醍醐源氏村上源氏など)などの近衛次将を経て公卿に昇進し得る上流貴族の家系出身者を「公達」と呼ぶようになり、これらの家は「公達」の家格とされた (当時の貴族社会では、「公達」・「諸大夫」・「」の家格に分類されていた)。

平安時代末期には特に平家の子弟・子女も公達と呼ばれた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公達”. コトバンク. 2015年10月16日閲覧。
  2. ^ ただし彼らの中には本来は公達の家格ではなかった諸大夫以下の者も含まれた。

関連項目[編集]