公衆浴場法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
公衆浴場法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和23年7月12日法律第139号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 公衆浴場について
関連法令 物価統制令、公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

公衆浴場法(こうしゅうよくじょうほう、昭和23年7月12日法律第139号)は、公衆浴場の経営について規定した日本の法律である。本則は第1条から第11条までで成る。

公衆浴場(温湯、潮湯又は温泉その他を使用して、公衆を入浴させる施設)の経営には都道府県知事(保健所を設置する市又は特別区にあっては、市長又は区長。以下同じ。)の許可を必要とし、公衆浴場の営業者に一定の義務を課す一方で、公衆浴場を利用する者に対しても公衆衛生・風紀などの観点から一定の義務を課している。同法に違反する行為に対しては営業許可の取消処分や刑事罰が課されることもある。

定義[編集]

公衆浴場
温湯、潮湯又は温泉その他を使用して、公衆を入浴させる施設をいう(第1条第1項)。厚生労働省による分類によれば、公衆浴場は次の2つに分けられる 。
一般公衆浴場
地域住民の日常生活において保健衛生上必要なものとして利用される施設をいう。
その他の公衆浴場
保養・休養を目的としたヘルスセンター・健康ランド型のもの、ゴルフ場やアスレチックジム等スポーツ施設に併設されるもの、工場等に設けられた福利厚生のための浴場、サウナ、個室付き公衆浴場、移動入浴車、エステティックサロンの泥風呂等がある。旅館・ホテルの浴場については、旅館業法及び旅館業法施行細則の規定による。
浴場業
都道府県知事 の許可を受けて、業として公衆浴場を経営することをいう(第1条第2項)。

営業許可[編集]

業として公衆浴場を経営しようとする者は、都道府県知事の許可を受けなければならない(第2条第1項)。

要件(第2条第2項)[編集]

次の要件のいずれかに該当する場合は、都道府県知事は、営業許可を与えないことができる。

設置場所関係[編集]

公衆浴場の設置の場所が公衆衛生上不適当であると認めるとき又はその設置の場所が配置の適正を欠くと認めるとき。設置の場所の配置の基準については、都道府県の条例 で定めることとされている。

構造設備関係[編集]

公衆浴場の構造設備が、公衆衛生上不適当であると認めるとき。

手続(第2条第3項及び第4項)[編集]

都道府県知事は、第2条第2項により公衆浴場の営業許可を与えない場合は、理由を附した書面をもって、その旨を業として公衆浴場を経営しようとする者に通知しなければならない。また、都道府県知事は、第2条第2項の規定の趣旨に鑑みて必要と認めるときは、公衆浴場の営業許可に必要な条件を付けることができる。

営業許可の承継[編集]

営業者 について相続、合併又は分割 があったときは、相続人 、合併後存続する法人若しくは合併により設立した法人又は分割により当該浴場業を承継した法人は、営業者の地位を承継する(第2条の2第1項)。営業者の地位を承継した者は、遅滞なく、その事実を証する書面を添えて、その旨を都道府県知事に届け出なければならない(第2条の2第2項)。

営業者の構ずべき衛生措置[編集]

営業者は、公衆浴場について、換気、採光、照明、保温及び清潔その他入浴者の衛生及び風紀に必要な措置を講じなければならない(第3条第1項)。営業者が講じるべき衛生措置の基準については、都道府県の条例で定めることとされている(第3条第2項)。

施設の利用に関する義務[編集]

営業者の義務[編集]

伝染性の疾病にかかっている者に対する入浴拒否(第4条)[編集]

営業者は、伝染性の疾病にかかっている者と認められる者に対しては、その入浴を拒まなければならない。ただし、省令の定めるところにより、療養のために利用される公衆浴場で、都道府県知事の許可を受けたものについては、この限りでない。

不衛生な行為をする者にたいして制止をする義務(第5条第2項)[編集]

営業者又は公衆浴場の管理者は、不衛生な行為をする者に対して、その行為を制止しなければならない。

利用者の義務(第5条第1項)[編集]

公衆浴場の利用者は、公衆浴場において、浴槽内を著しく不潔にし、その他公衆衛生に害を及ぼすおそれのある行為をしてはならない。

監督[編集]

報告徴収、立入検査[編集]

都道府県知事は、必要があると認めるときは、営業者その他の関係者から必要な報告を求め、又は当該職員に公衆浴場に立ち入り、公衆浴場の営業許可に付した条件の遵守若しくは営業者が講ずべき衛生上の措置の実施の状況を検査させることができる(第6条第1項)。

立入検査を行う職員を環境衛生監視員という。環境衛生監視員が立ち入り検査を行う場合においては、その身分を示す証票を携帯し、且つ、関係人の請求があるときは、これを呈示しなければならない(第6条第2項)。

営業許可の取消し又は営業停止[編集]

都道府県知事は、営業者が、公衆浴場の営業許可に付した条件又は営業者が講ずべき衛生上の措置を講じなかったときは、営業許可を取り消し、又は期間を定めて営業停止を命ずることができる(第7条第1項)。この場合、公開の聴聞を開かなくてはならない。(第7条第2項)。

罰則[編集]

なお、罰則のうち、利用者の義務違反に対するものを除いては、両罰規定が置かれている(第11条)。

無許可営業等に対する罰則[編集]

公衆浴場を無許可又は都道府県知事による営業停止命令に反して営業した者は、6か月以下の懲役又は1万円以下の罰金に処される(第8条)。

都道府県知事への虚偽報告等に対する罰則[編集]

都道府県知事が求めた報告(第6条第1項参照)をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は環境衛生監視員の立入検査を拒み、妨げ、若しくは忌避した者は、2,000円以下の罰金に処される(第7条)。

営業者の義務違反に対する罰則[編集]

伝染性の疾病にかかっている者に対する入浴拒否(第4条)又は公衆浴場において不衛生な行為をする者に対する当該行為の制止(第5条第2項)をしなかった者は、拘留又は科料に処される(第10条第1号)。

利用者の義務違反に対する罰則[編集]

営業者が入浴拒否をしたにもかかわらず公衆浴場に入浴した伝染性の疾病にかかっている者及び公衆浴場において不衛生な行為をした者は、拘留又は科料に処される(第10条第2号)。

関連項目[編集]