八所宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

八所宮(はっしょぐう)とは、福岡県宗像市赤間区吉留に位置する神社である。八所神社ともいう。

由来[編集]

伊邪那岐命伊邪那美命ほか四夫婦神が祭神であることから「八所宮」と言われている。

逸話[編集]

  • 神武天皇日向国から大和国に東征する途中、現在の遠賀郡付近を通った折、祭神達が赤馬に乗って現れ、人民を指揮し皇軍に従い、永く赤間の地の守護神であることを誓ったとされる。
  • 神武天皇のご神託で674年より現在地にまつられている。
  • この辺一帯を古くは「秋郷」(あきのさと)または「赤馬(あかま)」と呼びそれが転じて赤間となる。
  • 遣唐使がここで航海の安全を祈ったり、昔から武将の信仰が厚い神社であったといわれる。

社宝[編集]

平和の洪鐘と呼ばれていた鐘について[編集]

  • 「平和の洪鐘」は約600年前に芦屋釜で造られた鐘で氏子が寄進したが、それを豊臣秀吉が持ち去り広島県厳島神社に奉納、1984年(昭和59年)に氏子の再三の要望で赤間に戻ってきたが、しかしもともと秀吉の戦利品で厳島に奉納し、既に広島県指定の文化財となっていたもので、あくまで「貸し出し」というものである。しかし20年を超える長期貸出の文化財という異常状態であったため、平成25年、文化庁、広島県及び厳島神社側の要請もあり、再び鐘は厳島神社に戻された。

祭り[編集]

  • 毎年10月上旬に八所宮秋季大祭がある。

アウトドア施設[編集]

アクセス[編集]