全日本コール選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

全日本コール選手権(ぜんにほんコールせんしゅけん)とは、全国有名大学サークルが飲み会の席で行われる一気コールを競い合う大会のDVDタイトルおよび、シリーズ。また、大会そのものも指す。第3回全日本コール選手権with浅草キッドが2008年3月16日に開催された。

概要[編集]

全日本コール連盟主催。第1回は6人1チーム、第2回からは5人1チームでトーナメント方式で対戦する。ステージの上でビールを(一気で)飲みながらコールをかける。そのほとんどが下ネタである。DVD版では、下品な内容や、著作権に抵触する内容のコールは「政治的判断に基づき独自の加工をしています。」とテロップが出て、該当部分が銅鑼やピー音に変えられる。

実況・解説[編集]

ルール[編集]

共通ルール[編集]

演技の主体は、コールをかけ、それに合わせビールを飲む事であり、その芸術性が評価対象となる。ただし、健康上の配慮から、酒を飲んでも泥酔は厳しく禁止されている。演技を終えた後、一回戦から準決勝までは審査委員長が、決勝戦では観客席が勝者を決定する。

一回戦・準決勝ルール[編集]

各々のサークルが単独でステージ(畳敷き)に上がり、中央の座卓の上のビニールコップに注がれたビールをコールに合わせて飲むという事の繰り返しが行われ、双方が演技を終えた後により芸術性が高い、あるいはよりばかばかしい、もしくは審査委員長の独断で判断したチームが勝者となり、次回に駒を進める。持ち時間の90秒以内ならば何回コールをかけてもかまわないが、持ち時間をオーバーしてしまう事は減点対象となる。自チームが一回戦で用いたコールは準決勝で使用する事はできない。

決勝戦ルール[編集]

決勝戦に残った二つのサークルが同時にステージに上がり、持ち時間無制限一本勝負で相手サークルに飲ませるためのコールを5つずつ交互にかける。演技が終了したのち、観客の投票により勝者が決定する。

出演サークル[編集]

第1回[編集]

第2回[編集]

  • KOT-TUN(インカレサークル)
  • sky☆blue(インカレサークル)
  • 和泉FC(明治大学
  • ジグザグ(立教大学)
  • スガワライオン(インカレサークル)
  • シャイニー(神戸松蔭女子学院大学
  • 和敬塾(早稲田大学
  • 男子寮(横浜市立大学)

第3回[編集]

  • お婆んDEATH(東北大学東北学院大学
  • 関西秘密結社CAS(インカレサークル)
  • KZブリ(インカレサークル)
  • 京都医学研究会(インカレサークル)
  • ジグザグ(立教大学)
  • スガワライオン(インカレサークル)
  • APiTS(ホストクラブ
  • 男子寮(横浜市立大学)

歴代優勝[編集]

  • 第1回(2005年)…男子寮(横浜市立大学)
    • 優勝メンバー:三浦陽一郎(童貞)、半澤孝憲、岡本健吾、、恒川直也、桑江弘、普天間歩
  • 第2回(2006年)…男子寮(横浜市立大学)
    • 優勝メンバー:藤森正雄、高山大毅(童貞)、川本翔大、田宮健太郎、川辺利紀
  • 第3回(2007年)…男子寮(横浜市立大学)
    • 優勝メンバー:今野二郎、佐々木航、宮崎龍馬(童貞)、福田比呂志(童貞)、橋本大輔(童貞)

審査員特別賞[編集]

  • 第1回 みうらじゅん特別賞…ダンデライオン(インカレサークル)
  • 第2回 ピエール瀧特別賞…シャイニー(神戸松蔭女子学院大学)
  • 第3回 浅草キッド特別賞…ジグザグ(立教大学)

企画・構成[編集]

DVD[編集]

外部リンク[編集]