佐谷画廊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐谷画廊は1978年に佐谷和彦が東京都京橋に設立したギャラリー。82年銀座4丁目に移転。2000年には、佐谷の荻窪の自宅に移転、2008年終了。滝口修造マックス・エルンストパウル・クレーアルベルト・ジャコメッティなどの展示を行っていた。息子の佐谷周吾が、現代美術の画廊「シュウゴアーツ」を運営し志を継ぐ。

略歴[編集]

  • 1978年 京橋に設立
  • 1982年 銀座4丁目に移転
  • 2000年 佐谷の荻窪の自宅に移転
  • 2008年 閉廊

主な展覧会歴[編集]

  • 1979年
GAUGUIN PRINTS ゴーギャン木版画
  • 1980年
ジャスパー・ジョーンズ 銅版画
  • 1982年
現代芸術祭―瀧口修造と戦後美術 第1回オマージュ瀧口修造展
第2回オマージュ瀧口修造展
  • 1983年
野崎一良彫刻
加納光於 瀧口修造に沿って 第3回オマージュ瀧口修造展
  • 1984年
山口勝弘ビデオスペクタクル<未来庭園> 第4回オマージュ瀧口修造展
  • 1985年
ヘンリー・ムーア彫刻
小林泰彦彫刻
瀧口修造 第5回オマージュ瀧口修造展
  • 1986年
ケネス・ノーランド Works1985-86
荒川修作展 第6回オマージュ瀧口修造展
  • 1987年
5人のシュルレアリストとヴォルス
ドイツ表現派とその周辺
マックス・ノイマン Works1984-86
ヤン・フォス 1961-63 パリの生活
マルセル・デュシャンと瀧口修造 第7回オマージュ瀧口修造展
  • 1988年
ジャン=シャルル・ブレ
赤瀬川原平 トマソン黙示録 第8回オマージュ瀧口修造展
  • 1989年
戸谷成雄 新作
マン・レイ展 オブジェを中心に 第9回オマージュ瀧口修造展
  • 1990年
パウル・クレー
山田正亮 新作油彩
ジョアン・ミロと瀧口修造 第10回オマージュ瀧口修造展
  • 1991年
実験工房と瀧口修造 第11回オマージュ瀧口修造展
  • 1992年
シュルレアリスト6人
ヤン・フォス 新作
丸山直文 新作
桑山忠明 TADAAKI KUWAYAMA 5 Metalic Colors
福島秀子展 第12回オマージュ瀧口修造展
  • 1993年
アンドレ・ブルトンと瀧口修造 第13回オマージュ瀧口修造展
  • 1994年
山田正亮 初期作品
  • 1995年
松澤宥 第15回オマージュ瀧口修造展
  • 1996年
瀧口修造 1936 七つの詩 第16回オマージュ瀧口修造展
  • 1997年
駒井哲郎 第17回オマージュ瀧口修造展
  • 1998年
榎本和子 「無限のヴィジョン・8面体」A・デューラー<メランコリアⅠ> 第18回 オマージュ瀧口修造展
  • 1999年
阿部展也 第19回オマージュ瀧口修造展
  • 2000年
中川幸夫 献花 オリーブ 第20回オマージュ瀧口修造展
  • 2001年
池田龍雄「漂着」 第21回オマージュ瀧口修造展
  • 2002年
根源からの呼び声に導かれて 田中清光 第22回オマージュ瀧口修造展
池田満寿夫のデビューとその後 第23回オマージュ瀧口修造展
  • 2003年
西脇順三郎と瀧口修造 第24回オマージュ瀧口修造展
  • 2004年
風倉匠によるオマージュ瀧口修造 第25回オマージュ瀧口修造展
  • 2005年
瀧口修造とタケミヤ画廊 第26回オマージュ瀧口修造展
平沢淑子 第27回オマージュ瀧口修造展
  • 2006年
事物と気配 : 大辻清司の写真 第28回オマージュ瀧口修造展

作品取り扱いアーティスト[編集]