佐藤通代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 通大(さとう みちしろ、1851年5月(嘉永4年4月[1][2])- 1914年大正3年)11月22日[1])は、明治期の農業経営者、政治家衆議院議員。旧姓・河野。

経歴[編集]

日向国諸県郡志布志郷帖村[3]鹿児島県[1]諸県郡志布志郷帖村、南諸県郡志布志郷帖村、志布志村曽於郡志布志村、志布志町[2][3][4]を経て現志布志市志布志町帖)で河野家に生まれた[3]

西南戦争に中隊長として従軍[1][2]。戦後に刑を受けた[3]。佐藤家に入籍し[3]、農業を営む[1]。内之倉村戸長、蓬原村戸長を務めた[1][2][4]

1898年(明治31年)3月、第5回衆議院議員総選挙(鹿児島県第6区)で当選し[3][5]、その後、第6回総選挙でも再選され[5]、最後は立憲政友会に所属し衆議院議員に連続2期在任した[1][2][3]

その後、郷里の子弟の教育、産業振興に尽力した[3][6]。1914年11月、郷里で病のため死去した[4][6]

国政選挙歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』279頁。
  2. ^ a b c d e 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』200頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『鹿児島県姓氏家系大辞典』380頁。
  4. ^ a b c 『郷土人系 上』71-72頁。
  5. ^ a b c d 『衆議院議員総選挙一覧 上巻』118頁。
  6. ^ a b 『大正過去帳』51頁。
  7. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 自第7回至第13回』38頁。

参考文献[編集]

  • 『衆議院議員総選挙一覧 上巻』衆議院事務局、1915年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 自第7回至第13回』衆議院事務局、1918年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 南日本新聞社編『郷土人系 上』春苑堂書店、1969年。
  • 『大正過去帳 物故人名辞典』東京美術、1973年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 鹿児島県姓氏家系大辞典編纂委員会編著『鹿児島県姓氏家系大辞典』角川日本姓氏歴史人物大辞典46、角川書店、1994年。