諸県郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鹿児島県諸県郡の位置

諸県郡(もろかたぐん)は、鹿児島県日向国、一部は現在の宮崎県)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

郡名は記紀に「日向国有嬢子。名髪長媛。即諸県君牛諸井之女也」などの記事が見られ、その起源の古さをうかがわせる。「諸県」は現在の東諸県郡国富町に存在した地名で、この諸県君(日向国造であったとの説もある)の本拠地でもあったとされるが、当時はヤマト王権の影響力が及んでいなかった地域も多く、諸県地方が諸県君の主領域と一致したかは不明である。郡名が明確に確認できるのは「続日本紀」からであり、「延喜式」において、ほぼその後の領域が確定された。和名類聚抄では「牟良加多(むらかた)」と訓じられている。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
諸県郡 1座(小)
霧島神社 キリシマノ   (論)霧島岑神社 宮崎県小林市細野 [1]
(論)東霧島神社 宮崎県都城市高崎町東霧島
(論)霧島東神社 宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田
(論)霧島神宮 鹿児島県霧島市霧島田口
凡例を表示

中世・近世[編集]

中世には、宇佐宮領の諸県荘となった現在の国富町・綾町を除き、この領域を中心に島津荘が開拓された。以来、江戸期まで領域に変動はない。1587年天正15年)の豊臣秀吉による九州征伐後、島津氏は薩摩・大隅に加えて本郡を安堵された。

近世以降の沿革[編集]

4分割された諸県郡の範囲(青:北諸県郡 水色:南諸県郡 赤:東諸県郡 濃青:西諸県郡)
所属町村の変遷は北諸県郡#郡発足までの沿革東諸県郡#郡発足までの沿革西諸県郡#郡発足までの沿革南諸県郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照
  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。幕府領西国筋郡代が管轄[1]。(1町141村)
    • 後の北諸県郡域(41村) - 薩摩鹿児島藩(都城郷・勝岡郷・山之口郷・高城郷・高崎郷および野尻郷の一部)
    • 後の東諸県郡域(1町30村) - 薩摩鹿児島藩(穆佐郷・倉岡郷・高岡郷・綾郷)、幕府領、旗本領[2]、日向高鍋藩
    • 後の西諸県郡域(45村) - 薩摩鹿児島藩(高原郷・小林郷・須木郷・飯野郷・加久藤郷・馬関田郷・吉田郷および野尻郷の残部)
    • 後の南諸県郡域(25村) - 薩摩鹿児島藩(松山郷・志布志郷・大崎郷および財部郷の一部)
  • 慶応4年
  • 明治3年(1870年) - 旗本領が日田県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治5年5月15日1872年6月20日) - 美々津県の管轄区域の一部(野尻郷・須木郷および小林郷のうち東方村)が都城県の管轄となる。
  • 明治6年(1873年1月15日 - 全域が宮崎県(第1次)の管轄となる。
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第2次府県統合により鹿児島県の管轄となる。
  • 明治12年(1879年2月17日 - 郡区町村編制法の鹿児島県での施行により、行政区画としての諸県郡が発足。郡役所が都城に設置。
  • 明治16年(1883年5月9日 - 宮崎県(第2次)が発足し、諸県郡のうち同県に所属する区域をもって北諸県郡が、鹿児島県に所属する区域をもって南諸県郡がそれぞれ発足。同日諸県郡廃止。
  • 明治17年(1884年1月26日 - 宮崎県北諸県郡の一部が分立して西諸県郡東諸県郡がそれぞれ発足。北諸県郡・西諸県郡・東諸県郡は現存。
  • 明治30年(1897年4月1日 - 南諸県郡・東囎唹郡の区域をもって囎唹郡が発足。同日南諸県郡廃止。同区域が大隅国の所属となる。

変遷表[編集]

明治22年(1889年5月1日町村制施行以降の変遷。

脚注[編集]

  1. ^ 郷については「角川日本地名大辞典」による。
  2. ^ 高鍋藩の分知家。記載は高鍋藩領。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1883年
次代:
北諸県郡宮崎県)・
南諸県郡鹿児島県