佐藤英善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 英善(さとう ひでたけ、1939年12月18日 - )は、日本法学者早稲田大学名誉教授。専門は行政法博士(法学)(早稲田大学)。

来歴・人物[編集]

東京都出身。1963年、早稲田大学法学部卒業。早稲田大学大学院修士課程修了。同博士課程退学。早稲田大学助手、早稲田大学講師、早稲田大学助教授を経て、1977年から早稲田大学教授。この間ケルン大学留学(2年間)。1991年、博士(法学)(早稲田大学)。

早稲田大学では、法学部長、常任理事、副総長を歴任。このほか早稲田大学ラグビー蹴球部長、早稲田大学スポーツ振興協議会委員長を務めた。2010年3月、定年により早稲田大学法学部教授を退職。同名誉教授[1]

2018年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

研究分野[編集]

著書[編集]

  • 『行政法総論』(日本評論社)
  • 『経済行政法』(成文堂)
  • 『住民訴訟』(学陽書房)
  • 『図解・図表 地方公務員法』(敬文堂)

編著書[編集]

  • 『行政手続法』(三省堂)
  • 『新地方自治の思想』(敬文堂、2003年)
  • 『ネットワーク産業の規制改革』(日本評論社、2002年)

共著[編集]

  • 『住民訴訟』(ぎょうせい、2003年)
  • 『注解地方自治法』(第一法規、2003年)
  • 『基本法地方自治法』(日本評論社)
  • 『基本法地方公務員法』(日本評論社)

外部の役職[編集]

  • 政府:官民交流委員会・会長、中央労働委員・委員、前公務員制度調査会・委員
  • 地方:東京都開発審査会・前会長、他幾つかの自治体の法制顧問

所属学会[編集]

  • 日本公法学会
  • 日本法社会学会
  • 日本公共政策学会

脚注[編集]

先代:
奥島孝康
早稲田大学法学部
1994年 - 1998年
次代:
田山輝明