佐藤紘光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 紘光(さとう ひろみつ、1943年 - )は、日本の会計学者。早稲田大学名誉教授。

公認会計士試験委員、放送大学客員教授を歴任し、現在、日本管理会計学会常務理事、早稲田大学「会計研究所」所長[1]

「会計学(accounting)」と、「経営学(management)」が交差する「管理会計」領域の研究者。 専門は、管理会計原価計算、業績管理会計、会計理論。 特に、企業経営における意思決定、企業のインセンティブ・システム、株主価値についての研究を行っている。

略歴[編集]

  • 1943年、愛知県生まれ。
  • 1967年、早稲田大学商学部卒業。
  •  同年、 公認会計士第二次試験合格。
  • 1972年、早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。
  • 1972年、早稲田大学社会科学部専任講師。
  • 1981年、早稲田大学社会科学部教授。
  • 1981年 ~ 1983年、カナダ,ブリティッシュコロンビア大学で在外研究。
  • 1999年 ~ 現在、日本管理会計学会理事(現在、常務理事)。
  • 2003年 ~ 2005年、公認会計士第二次試験 試験委員。[1]
  • 2003年 ~ 2010年3月、放送大学客員教授(「管理会計」主任講師)。
  • 早稲田大学「会計研究所」所長(2013年まで)。[2]

受賞歴[編集]

2000年、「日本管理会計学会 学会賞」論文賞を受賞。

著書[編集]

  • 『会計ディスクロージャーと企業行動―― 市場の価値評価は経営にどのような影響を及ぼすか 』 (監訳) 中央経済社 2011年
  • 『契約理論による会計研究』 中央経済社 2009年
  • 『現代簿記会計 第6版』 (大塚宗春、奥山修司 共著)中央経済社 2007年
  • 『管理会計 改訂新版』 (齋藤正章 共著) 放送大学教育振興会 2006年
  • 『会計情報の理論 -情報内容パースペクティブ』 (監訳) 中央経済社 2007年
  • 『石塚博司編 会計情報の現代的役割 「投資権限の委譲とインセンティブ・システム」』 白桃書房 2005年
  • 『ベーシック財務管理』 (共編) 同文舘出版 2005年
  • 『管理会計』 (齋藤正章 共著) 放送大学教育振興会 2003年
  • 『株主価値を高めるEVA経営』 (共著) 中央経済社 2001年
  • 『管理会計学大辞典 日本管理会計学会編』 (分担執筆) 中央経済社 2000年
  • 『工業簿記2級 ワークブック (NEW CONCEPT 日商簿記検定試験)』 (編著) 税務経理協会 1998年
  • 『工業簿記2級 (NEW CONCEPT 日商簿記検定試験)』 (編著) 税務経理協会 1998年
  • 『業績管理会計』 新生社 1993年
  • 『現代簿記会計』 中央経済社 1990年
  • 『会計学 (有斐閣Sシリーズ)』 (共著) 有斐閣 1989年

脚注[編集]

関連項目[編集]