佐藤敏信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 敏信(さとう としのぶ、1957年 - )は、日本厚生労働技官医学博士医師環境省環境保健部長や、厚生労働省健康局長、日本医師会総合政策研究機構主席研究員を経て、久留米大学特命教授

人物・経歴[編集]

1983年山口大学医学部卒業、厚生省入省、公衆衛生局地域保健課配属。1988年山口大学医学博士。1990年大分県環境保健部健康対策課長。岩手県保健福祉部部長等を経て、1993年厚生省保険医療局疾病対策課課長補佐。2005年厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課長。厚生労働省医政局指導課長等を経て、2008年厚生労働省保険局医療課長。2010年環境省環境保健部長。2013年厚生労働省健康局長。2014年日本医師会総合政策研究機構主席研究員/医療政策部長[1][2][3][4][5]。2017年久留米大学特命教授(医療政策担当)[5][6]、日本医師会総合政策研究機構客員研究員[5]。社会福祉法人莞爾会評議員なども務めた[7]

著書[編集]

  • 『地域における循環器疾患の対策―とくに心血管系疾患を中心として』日本公衆衛生協会 1988年
  • 『保健体育の内容と指導のポイント』学事出版 1990年
  • 『THE 中医協 -その変遷を踏まえ健康保険制度の『今』を探る』薬事日報社 2019年

脚注[編集]

先代:
原徳壽
環境省環境保健部長
2010年 - 2013年
次代:
塚原太郎
先代:
矢島鉄也
厚生労働省健康局長
2013年 - 2014年
次代:
新村和哉