佐藤拓朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 拓朗(さとう たくろう、1950年 - )は、日本の通信ネットワークの研究者。早稲田大学理工学術院 理工学術院総合研究所 特任研究教授、専攻は無線通信、通信ネットワーク。

来歴[編集]

1973年、新潟大学工学部卒業、工学博士、1973年、沖電気工業株式会社開発本部入社。ミリ波、準ミリ波無線PCN伝送装置、自動車電話、携帯端末、セルラシステム、セルラー高速データ通信、ディジタル信号処理方式の研究開発に従事。

1985年から1989年、セルラー高速データ通信の国際標準化(ITU)提案と標準化活動。

1999年TDMA方式セルラー高速データ通信の米国標準化委員会へ提案と標準化活動、1990年から1995年、パーソナル通信向け米国2GHz帯セルラー広帯域CDMA方式(W-CDMA)を開発し、米国TIA標準化提案と標準化活動、1995年米国TIAにてIS-665とし標準化採用。

1995年、新潟工科大学教授。OFDM方式の研究開発に従事、2000年に産学連携にて高速無線LANチップ会社、キーストリーム社の設立、2001年、無線システム設計会社WiViComを設立、2004年、早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授。

早稲田大学基幹理工学部情報通信学科教授として第5世代移動通信方式の研究、次世代ネットワークの研究、国際標準などの研究に従事。著書「CDMA方式の基礎から応用」、「OFDM方式の基礎から応用」「移動通信のキーテクノロジー」「Smart Grid Standards」などに携わった。

2020年9月19日最終講義をおこなった[1]

2020年から2022年まで 早稲田大学国際情報通信研究センター  兼任研究員[2]

日本シミュレーション学会フェロー、電子情報通信学会フェロー、IEEEフェロー。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【最終講義】佐藤拓朗教授(9/19:オンライン開催)「ビジネスからアカデミアへ」” (日本語). 早稲田大学 理工学術院. 2022年6月8日閲覧。
  2. ^ 早稲田大学研究者データベース”. 早稲田大学. 2022年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]

佐藤 拓朗 - researchmap

佐藤 拓朗 - 早稲田大学研究者データベース