佐藤巖太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 巖太郎(さとう がんたろう、1962年1月12日[1] - )は、日本の小説家

略歴[編集]

福島県福島市生まれ。福島県立福島高等学校中央大学法学部法律学科卒業。会社員を経て、2011年に『夢幻の扉』で第91回オール讀物新人賞を受賞し、作家デビュー。

2016年に『啄木鳥』が第1回決戦!小説大賞を受賞。2017年に『会津執権の栄誉』が第157回直木三十五賞の候補となり、第7回本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞。2018年には同作で第7回歴史時代作家クラブ賞(新人賞)の候補になる。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『会津執権の栄誉』(2017年、文藝春秋 / 2019年、文春文庫
  • 『夢幻の扉』(2017年、文春e-Books)
  • 『将軍の子』(2019年、文藝春秋 / 2022年、文春文庫)
  • 『伊達女』(2020年、PHP研究所

アンソロジー収録作品[編集]

  • 決戦!川中島(2016年、講談社 / 2018年、講談社文庫)-『啄木鳥』
  • 戦国 番狂わせ七番勝負(2017年、文春文庫)-『背水の通過儀礼』
  • 決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍(2018年、講談社)-『ならば決戦を』

脚注[編集]

[脚注の使い方]