佐藤嘉倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 嘉倫(さとう よしみち、1957年 - )は、日本の社会学者、東北大学大学院文学研究科教授。専門は、社会学数理社会学

来歴[編集]

東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、横浜市立大学商学部助教授、東北大学文学部助教授、シカゴ大学コーネル大学社会学部客員研究員などを経て、現職。東北大学大学院文学研究科21世紀COEプログラム「社会階層と不平等研究教育拠点」拠点リーダー。

現在は社会階層や不平等の生成メカニズムと、信頼関係の形成メカニズムの分析に取り組んでいる。どちらも合理的選択理論ゲーム理論エージェント・ベースト・モデルなど数理モデルを駆使した研究を進めている。


著書[編集]

単著[編集]

  • 『意図的社会変動の理論――合理的選択理論による分析』(東京大学出版会, 1998年
  • Intentional Social Change: A Rational Choice Theory, (2006, Trans Pacific Press)
  • 『ゲーム理論 人間と社会の複雑な関係を解く (ワードマップ)』 (新曜社、2008年)

共編著[編集]

訳書[編集]

外部リンク[編集]