数理社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数理社会学(mathematical sociology)とは、社会学理論の中核を、数学で表現したものである。推論の厳密さと、自然言語での推論では到達できないような意外なインプリケーションを得られる点にメリットがある。また、権威主義的になりがちな学説研究に対して、論理の正しさ、誤り、前提が、数学さえ理解すれば誰にでも分かるという点で、まさっている。

主に合理的選択理論社会ネットワーク論と結びついて発達している。

参考文献[編集]

  • 土場学ほか編『社会を<モデル>でみる』勁草書房
  • 三隅一人編『社会学の古典理論―数理で蘇る巨匠たち』 
  • 数土直紀・今田高俊編『数理社会学入門 数理社会学シリーズ (1)』 
  • 三隅一人・高坂健次編『シンボリック・デバイス:意味世界へのフォーマル・アプローチ 数理社会学シリーズ (5)』 
  • 松原望『社会を読みとく数理トレーニング:計量社会科学入門』 
  • R. アクセルロッド『対立と協調の科学:エージェント・ベース・モデルによる複雑系の解明』
  • 盛山・海野編『秩序問題と社会的ジレンマ』
  • 佐藤嘉倫『意図的社会変動の理論』
  • 木村邦博『大集団のジレンマ』
  • 小林淳一・木村邦博『数理の発想(アイディア)でみる社会』
  • 盛山和夫『権力』 軽  いろいろな権力論.数理もある.
  • 数土直紀『自由の社会理論』


関連項目[編集]

リンク[編集]