ウンベルト・マトゥラーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Maturana

ウンベルト・マトゥラーナスペイン語: Humberto Romesín Maturana1928年9月14日 - )は、チリ生物学者マツラナと表記されることもある。

人物[編集]

神経生物学 (neurobiology) の実験から得られた観察事実に基づいて、哲学認知科学とも関係した領域の研究を行った。 特に、1970年代はじめに教え子のフランシスコ・バレーラとともにオートポイエーシスの概念を創出したことで有名である。

ハトの網膜の反応が外界の物理的刺激とは簡単には対応しないという観察事実がマトゥラーナがオートポイエーシスの概念にたどり着くきっかけとなった。 このことから、生命システムとは神経系を有していようといまいと認識を行うシステムであるとの考えに達し、徹底的構成主義 (radical constructivism) や相対主義的認識論 (relativistic epistemology) を提唱した。 進化プロセスに対してもそれを適者生存としてではなくナチュラル・ドリフト (natural drift) として捉えることを主張した。

経歴[編集]

サンティアゴ出身。チリ大学医学のちに生物学を学び、1954年よりロックフェラー財団の奨学金を得てロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ解剖学神経生理学 (neurophysiology) を学び、1958年にハーヴァード大学で博士号を取得した。 チリ大学の "Laboratorio de Neurobiología y Biología del Conocer" (知識の神経生物学・生物学研究所) において神経科学を研究した。

主な著作[編集]