佐藤創

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 創(さとう はじめ、1942年 - )は、日本の数学者、元専修大学教授。 専修大学情報科学センター長、私立大学情報教育協会理事、大学入試センター法科大学院適性試験問題作成研究会委員などを歴任。中央大学理工学部、明治大学理工学部、武蔵大学東京大学電気通信大学放送大学神戸大学上智大学などで非常勤講師を兼務[1][2]

経歴[1][編集]

  • 1967年(昭和42年)3月-東京大学工学部計数工学科数理コース卒業
  • 1968年(昭和43年)-上智大学理工学部数学科非常勤講師
  • 1969年(昭和44年)-上智大学理工学部数学科助手
  • 1975年(昭和50年)-専修大学経営学部講師
  • 1978年(昭和53年)-専修大学経営学部助教授
  • 1984年(昭和59年)-専修大学経営学部教授
  • 1993年(平成5年)10月-工学博士(東京大学)、学位論文「情報理論におけるゼロエラー問題」[3]
  • 2001年(平成13年)-専修大学ネットワーク情報学部教授
  • 2007年(平成19年)-2011年(平成23年)専修大学情報科学センター長
  • 2013年(平成25年)-専修大学を定年退職。

著者[編集]

  • 『プログラミングテクニック』(共著)、総合出版、1970年10月
  • 『FORTRAN解説』(共著)、実教出版、1976年10月
  • 『現代数学小辞典』(共著)、講談社ブルーバックス、1977年6月
  • 『現代応用数学』(共著)、放送大学教材、日本放送出版協会、1987年3月
  • 『応用システム数学』(共著)、共立出版、1996年8月
  • 『情報源符号化-無歪みデータ圧縮』(共著)、培風館、1998年12月

翻訳[編集]

  • C.ベルジュ、『グラフの理論(I,Ⅱ,Ⅲ)』(共訳)、サイエンス社、1976年6月
  • R.セジウィック、『アルゴリズム第1~3巻』(共訳)、近代科学社、1992年2月

研究業績[編集]

  • “On the Confirmation of R. Carnap”、日本数学会、応用数学分科会、1971年
  • 「概念形成の一つのモデル」、行動計量学シンポジウム、1971年
  • 「PN系列に於る連(run)の性質に関する一定理」(共著)、電子情報通信学会全国大会、1975年
  • 「情報理論におけるゲーム」、専修経営研究年報No.5、1981年
  • 「多重情報源の誤りなし符号化について」、専修大学情報科学研究No.1、1981年
  • 「多重情報源の誤りなし符号化について」、電子情報通信学会技術研究報告IT82-18、1982年
  • 「多重情報源の誤りなし伝送率領域について-固定長符号化の場合」、専修情報科学研究No.3、1982年
  • 「多重情報源の誤りなし伝送率領域について-可変長符号化の場合」、専修情報科学研究No.4、1983年
  • 「Shannon-Fano符号の一般化としての算術符号-情報圧縮の技法に関する一考察」、専修大学情報科学研究No.5、1984年
  • 「算術符号とShannon-Fano符号」、電子情報通信学会技術研究報告IT85-41、1985年
  • 「ランレングス制約のある符号の算術符号化による生成」、電子情報通信学会技術研究報告IT87-94、1988年
  • (共著)“Feedback Codes with Uniformly Bounded Codeword Lengths and Zero-Error Capacities”,IEEE Trans. Information Theory,May 1991
  • “On the variable length source coding theorems with epsilon-error probability”,Information Science and Applied Mathematics,March 1992
  • 「情報理論における組合せ問題」、京都大学数理解析研究所講究録853、1993年
  • “Some Combinatorial Problems in Information Theory”,Information Science and Applied Mathematics,Dec. 1994
  • 「ウェーブレット変換と算術符号」、日本数学会、応用数学分科会、2000年9月
  • 「離散ウェーブレット変換の行列表現」、日本数学会、応用数学分科会、2000年9月
  • 「ウェーブレットであるための条件に関する一考察」、日本応用数理学会年会、2006年9月
  • 「ウェーブレット関数の連続性・不連続性について」、日本応用数理学会年会、2007年9月
  • 「スケーリング関数の双対性について」、日本応用数理学会年会、2008年9月

国際学会報告[編集]

  • “On the Instantaneous Code for Multiple Information Sources”,IEEE IST(Les Arcs, France),June 1982
  • “Variable Length Coding Extends the Zero-Error Rate Regions for Multiterminal Channel”,IEEE IST(Kobe),June 1988
  • “On the Error Probability for Variable Length Source Coding”,IEEE IST(Kobe),June 1988
  • “Arithmetic Hash Functions”,IEEE IST(Kobe),June 1988
  • “On variable length source coding under epsilon fidelity criterion”,IEEE IST(Budapest),June 1991
  • “Supplement to Theorem for Biorthogonal Bases of Wavelets and a Consideration of Four-term Sequence(hn)”,IEEE IST(Seoul),October 2006
  • “A Consideration on Scaling Function of Wavelets”,IEEE IST(Auckland),December 2008

専修大学における教育研究[編集]

佐藤創[4]は、坂本實渾沌という中国の古い寓話を共有していた。佐藤は、「五感で捉えられるものは分かりやすい。しかし分かりやすい五感だけに頼ると、ものの本質を見逃す恐れがあると、示唆しているように思う。」と解説する。これは形式知だけでなく暗黙知が重要であることを意味している。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 「専修ネットワーク&インフォメーション 佐藤創教授退職記念号」専修大学ネットワーク情報学会、No.21、2013年3月15日
  2. ^ 大曾根匡綿貫理明、「情報科学研究所設立30周年記念座談会の記録-情報科学研究所の期限と発展-」、情報科学研究(専修大学情報科学研究所年報)、No.31,pp.1-23,2010年
  3. ^ 博士論文書誌データベースにもある
  4. ^ 佐藤創、「坂本實先生,お元気で」、専修ネットワーク&インフォメーション、No.11,pp.5-10、2007