佐藤保 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 保
さとう たもつ
Sato-Tamotsu-1.jpg
生年月日 1913年10月4日
出生地 愛知県
没年月日 (2004-08-01) 2004年8月1日(90歳没)
出身校 同志社高等商業学校
所属政党無所属→)
自由民主党→)
無所属
称号 勲四等瑞宝章

当選回数 3回
在任期間 1964年2月19日 - 1976年2月18日

選挙区 豊田市選挙区
当選回数 1回
在任期間 1960年12月16日 - 1963年4月29日
テンプレートを表示

佐藤 保(さとう たもつ、1913年10月4日 - 2004年8月1日)は、日本の政治家愛知県豊田市長(3期)、愛知県議会議員などを歴任した。

来歴[編集]

愛知県出身[1]。1936年(昭和11年)3月、同志社高等商業学校卒業。挙母町立青年学校の教諭を務めたあと、1940年(昭和15年)9月にトヨタ自動車工業に入社[2][3]

1960年(昭和35年)10月25日、自民党衆議院議員の小林錡が死去。その後継として、浦野幸男第29回衆議院議員総選挙に立候補するため10月30日に愛知県議会議員を辞職[4][5]。県議補選に向け日本社会党が矢頭銈太郎市議[6]を擁立すると、近所同士(豊田市宮口町・宮上町)[7][8]で親しい間柄だった佐藤も矢頭を支援する気持ちを固めた。ところが自民党支部が人材難から会社を通じて、当時トヨタ元町工場勤務だった佐藤に強引に出馬を迫る。佐藤はぎりぎりまで首を振り続けたが、結局立候補することとなり、12月16日に行われた補選で矢頭を破り初当選した。これによりトヨタ労組の「御用組合」化は一層加速する[9][10]。佐藤は当選後の12月19日に自民党に入党した[4]

1963年(昭和38年)、トヨタ自動車工業総務部次長に就任。同年4月の県議選は不出馬。

慣れない政治生活と別れを告げたかのように見えたが、1964年(昭和39年)1月、保守系主流派によって豊田市長選挙の候補者に担ぎ出される[11]。トヨタの労組は「我々は自民党支部と相携えて市長選を戦い抜く」と宣言[12]。2月15日に行われた市長選で佐藤は、特定の支持政党をもたない元衆議院議員の本多鋼治を破り、初当選した(佐藤16,546票、本多12,672票)[13]

在職中、近隣の町を次々と合併し豊田市の市域を広げた。1967年(昭和42年)4月1日に猿投町旭町を編入、1965年(昭和40年)9月1日に高岡町を編入、1970年(昭和45年)4月1日に松平町を編入した。

猿投地区は豊富な地下資源に恵まれ、耐火粘土、珪砂などその埋蔵量は県下一を誇っていた。猿投町を編入したことにより、豊田市はより大きな発展を遂げることとなった[2]

1975年(昭和50年)11月、健康上の理由により翌年の市長選への不出馬を表明[14]。佐藤は挙母町立青年学校教諭時代の教え子である助役の西山孝を強く推し[15]、民社党衆議院議員の渡辺武三もこれに賛同したことから、後継候補は西山に決まった(1976年2月の市長選で当選)。

1977年(昭和52年)3月1日、豊田市名誉市民に推挙される。1983年(昭和58年)11月3日、勲四等瑞宝章を受章[16]

2004年(平成16年)8月1日、肺炎のため死去[1]。90歳没。

脚注[編集]

  1. ^ a b “佐藤保氏死去/元愛知県豊田市長”. 四国新聞. (2004年8月2日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20040802000158 2019年3月24日閲覧。 
  2. ^ a b 『日本の歴代市長 第二巻』歴代知事編纂会、1984年11月10日、502頁。
  3. ^ 『とよた』 豊田市役所、1981年3月1日、159頁。
  4. ^ a b 『愛知県議会史 第十巻』愛知県議会、1983年3月15日、432頁。
  5. ^ 中部日本新聞』1960年10月30日付朝刊、三河版、4面、「浦野氏が身代わり 小林錡氏急死で 四、五区公示前日に新情勢」。
  6. ^ 東海タイムズ』1959年12月7日、1面、「地方史の〝四十八人〟 (46) 愛される〝ケイちゃん市議〟 ハッタリの全然ない〝外柔内剛型〟」。
  7. ^ 『東海タイムズ』1965年6月1日、2面。
  8. ^ 愛知新聞』1964年2月4日、1面、「市長・市議補選 いよいよ『あす告示』」。
  9. ^ 『東海タイムズ』1960年12月5日、1面、「転機に立つトヨタ労組 〝御用組合〟へ厳しい批判の声」。
  10. ^ 『東海タイムズ』1960年12月12日。
  11. ^ 『豊田市史 四巻』豊田市役所、1977年3月1日、43-44頁。
  12. ^ 『東海タイムズ』1964年2月17日。
  13. ^ 愛知新聞』1964年2月16日、1面、「佐藤氏の当選決まる 豊田市長選挙 本多氏の善戦も及ばず」。
  14. ^ 『新三河タイムス』1976年1月1日、2面、「豊田市長選二月五日告示 佐藤亜流を敬称 各種代表 西山擁立で一致」。
  15. ^ 『中日新聞』1976年2月16日付朝刊、三河版、10面、「『人情味ある豊田市政を』 市長当選の西山氏 喜びの抱負 医療センター建設 教育施設を整備 地方公設卸売市場も」。
  16. ^ 豊田市名誉市民”. 豊田市役所 (2019年1月1日). 2019年3月24日閲覧。