佐々田懋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐々田 懋(ささだ すすむ / すすみ、安政2年(1855年11月 - 昭和15年(1940年3月27日)は日本の実業家、政治家。島根県多額納税者[1]。佐々田(名)社長[1]衆議院議員貴族院議員

孫・百合子は元中国電力会長櫻内乾雄の妻。

経歴[編集]

石見国那賀郡木田村(現・島根県浜田市)の豪農佐々田家に生まれる。佐々田家は尼子義久の子佐々田宗久が、尼子氏の先祖である佐々木氏と妻の実家の名である田中氏の名を取って創始した。

和漢学を修めた。

浜田県会議員、浜田県十五等出仕、那賀郡会議員、島根県会議員・同議長を務めた。明治23年(1890年)7月、第1回衆議院議員総選挙に島根県第5区から出馬し衆議院議員に初当選。以来、3期連続して務める。1911年9月29日、貴族院多額納税者議員に選出され[2]1918年9月まで在任した。

1918年、佐々田合名会社を創立して社長となり、王子電気取締役、王子環状自動車、東洋火災重役として活躍した。

墓は島根県浜田市旭町木田の旧木田小学校裏山の佐々田家墓所内にある。

人物像[編集]

趣味は漢詩[1]撞球[1]囲碁[1]宗教禅宗[1]

家族・親族[編集]

同妻・薫[1]
同長女・百合子[1]
同二女・豊子[1]
同長男[1]
同三女・光枝[1]
同四女・恒子[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ一八頁
  2. ^ 『官報』第8485号、明治44年9月30日。

参考文献[編集]

  • 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ一八頁
  • 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 1957年 サ…39-40頁
  • 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)239頁
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。

外部リンク[編集]