佐々田三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ささだ さぶろう
佐々田 三郎
Sasada Saburou.JPG
生誕 1887年12月29日
島根県簸川郡簸川村[1]
(のち斐川町、現出雲市
出身校 東京帝国大学
(現在の東京大学
職業 実業家

佐々田 三郎(ささだ さぶろう、明治20年(1887年12月29日 -没年不明)は日本実業家旧姓錦織。

元貴族院議員佐々田懋の養子[2]

経歴[編集]

島根県簸川郡簸川村出身[1]。錦織栄次郎の三男[1]

大正2年(1913年東大法学部[1]。安田保善社に入社[2]。翌年安田銀行に転じる[2]

同12年(1923年)監理課長、同13年(1924年)海外視察、同15年(1926年)以降兵庫支店長、続いて神戸京都大阪各支店長を歴任[1]

昭和26年(1951年)第三信用組合長[3]

その間安田保善社取締役、アマゾニヤ産業大垣共立銀行大多喜天然ガス、富国繊維各取締役、佐々田奉公会理事等をつとめた[1]

人物像[編集]

趣味は謡曲[1]囲碁[1]読書[1]運動[2]、旅行[2]宗教臨済宗[2][1]

家族・親族[編集]

佐々田家[編集]

参考文献[編集]

  • 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ一八頁
  • 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 1957年 サ…509頁
  • 第二十一版 人事興信録 』 1961年 さ二〇頁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『新日本人物大観』(島根県版) 1957年 サ…509頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ一八頁
  3. ^ 第二十一版 人事興信録 』さ二〇

外部リンク[編集]