佐々木龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
aoyama 346(東京都港区南青山)

佐々木 龍一(ささき りゅういち、1970年 - )は、日本の建築家。日本建築家協会会員、日本建築学会会員、英国王立建築家協会(RIBA)正会員、米国建築家協会(AIA)ASSOCIATE会員。

1970年東京都生まれ。1994年イリノイ工科大学建築学科(同学科においてハロルド・シフ賞)、1995年コロンビア大学大学院建築・計画・保存学部建築学科修士課程修了。ASYMPTOTE ARCHITECTURE、久米設計(日本建築学会 学会賞(作品)北上市文化交流センターさくらホールを担当)を経て、現在は株式会社佐々木設計事務所(英語名:SASAKI ARCHITECTURE) 代表取締役。千葉大学工学部建築学科/非常勤講師を歴任。

主な受賞歴にプラン賞(イタリア)2021 WINNER受賞,WAF AWARDS (ワールド・アーキテクチャー・フェスティバル賞)2018ショートリスト,2021 4作品ショートリスト,リーフ賞 2016(イギリス、ヨーロッパ主要建築家フォーラム)国際インテリア部門ショートリスト、リーフ賞 2017,2019,2020-2021 (イギリス、ヨーロッパ主要建築家フォーラム)集合住宅部門ショートリスト、ドイツデザイン賞2018,2020受賞、ドイツデザイン賞2016,2017,2018,2019,2021特別賞、ICONIC AWARDS 2015,2016,2017,2018,2019,2020,2021 (ドイツデザイン協議会)、AR AWARDS for EMERGING ARCHITECTURE 2007 (The Architectural Review, London, U.K.)、AIA JAPAN DESIGN AWARD 2007、2011、国際デザイン賞2016(International Design Awards 2016)金賞(アメリカ)、第48回、第50回グッドデザイン賞、JIA(日本建築家協会)優秀建築選 2005、2007、第39回中部建築賞、第24回SD REVIEW 2005、第3回木質空間デザインコンテスト(一般建築部門)、日本建築学会 学会選集2006、第46回BCS賞、JCDデザインアワードBEST100 2012、2014、2015、2016、DSA日本空間デザイン賞2015、2016入選、指宿市民会館整備基本設計業務公募型プロポーザル優秀提案者など。代表作にFLAMME-IGA COMPLEX(木津潤平、小堀哲夫と共作)、Modelia Days GOKOKUJI, Modelia Days NAKANOBU,BASE南青山、離れの宿 よもぎ埜、aoyama 346、WALL CLOUD、米洲ギャラリー、DAITA、Modelia Brut KAGURAZAKA, 等々力の集合住宅, SHIKISM, 白金プロジェクト, 池上の音楽複合プロジェクトなどがある。

日本のアメリカ文学者の大和田俊之は従兄弟。

外部リンク[編集]

佐々木龍一オフィシャルウェブサイト 株式会社佐々木設計事務所 ウェブサイト 千葉大学工学部建築学科