大和田俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大和田 俊之(おおわだ としゆき、1970年[1] - )は、日本アメリカ文学者ポピュラー音楽研究者、慶應義塾大学法学部教授[2]

経歴・人物[編集]

神奈川県出身。1996年慶應義塾大学経済学部卒業。1998年同志社大学大学院アメリカ研究科前期博士課程修了。2004年慶應義塾大学大学院文学研究科英米文学専攻後期博士課程修了、「反復と逸脱 ハーマン・メルヴィルの作品における法の転覆」で文学博士[2]

2011年に発表した著書『アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで』で、第33回サントリー学芸賞(芸術・文学部門)を受賞[3]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 10月7日発売!『文化系のためのヒップホップ入門』(長谷川町蔵×大和田俊之 著)”. ARTES (2011年9月14日). 2011年12月13日閲覧。
  2. ^ a b 大和田 俊之 准教授(アメリカ文学、ポピュラー音楽研究)”. 慶應義塾大学法学部. 2011年12月13日閲覧。
  3. ^ 第33回 サントリー学芸賞決定”. サントリー (2011年11月10日). 2011年12月13日閲覧。