リーフ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リーフ賞(英:The LEAF Awards)は、世界の建築家コミュニティーにおいて次世代の基準となる作品を評価し、建築デザインの発展を目的とする国際建築賞。ヨーロッパ主要建築家フォーラム(Leading European Architects Forum、LEAF)の運営で、2004年に始まり、年に一度開催される。現在の正式名称は、スポンサーの名前を冠し、ABB・リーフ賞(英:ABB LEAF Awards)。

リーフ賞は、2017年現在、大賞および18の部門賞からなり、授賞式前年の1月から当年6月までの18ヶ月間の間に完成した応募作品を対象に選考される。

部門[編集]

2017年度のリーフ賞の部門は以下のとおり。授賞式の約2か月前に、各部門3作品から4作品のショートリスト作品が発表され、授賞式当日に各部門賞が発表される。さらに、各部門賞を獲得した作品10点が、自動的に大賞選考のショートリスト作品となり、この中から大賞受賞作品が発表される。

大賞受賞作品[編集]

開催年 受賞者 作品 所在地
2005年 ヘニング・ラーセン・アーキテクツ
 デンマーク
コペンハーゲンIT大学 コペンハーゲン
 デンマーク
2006年 デイヴィッド・チッパーフィールド
イギリスの旗 イギリス
ベレス・エ・ベンツ バレンシア
スペインの旗 スペイン
2007年 スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ARB Bank リヤド
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
2008年 シュミット・ハマー・ラッセン
 デンマーク
パフォーマー・ハウス シルケボー
 デンマーク
2009年 ウッズ・バゴット
オーストラリアの旗 オーストラリア
カタール・サイエンス&テクノロジー・パーク ドーハ
カタールの旗 カタール
2010年 ボーガートマン・アンド・パートナーズ
 南アフリカ共和国
サッカーシティ国立競技場 ヨハネスブルク
 南アフリカ共和国
2011年 OBR
イタリアの旗 イタリア
Milanofiori Housing Complex ミラノ
イタリアの旗 イタリア
2012年 藤本壮介建築設計事務所
日本の旗 日本
武蔵野美術大学図書館 東京都小平市
日本の旗 日本
2013年 archi5
フランスの旗 フランス
Marsan Mediatheque モン=ド=マルサン
フランスの旗 フランス
2014年 アトリエ・ジャン・ヌーヴェル&PTW ARCHITECTS
フランスの旗 フランス
One Central Park シドニー
オーストラリアの旗 オーストラリア
2015年 中村拓志+NAP建築設計事務所
日本の旗 日本
リボンチャペル 広島県尾道市
日本の旗 日本
2016年 Ian Ritchie Architects Ltd.
イギリスの旗 イギリス
Sainsbury Wellcome Centre for Neural Circuits and Behaviour ロンドン
イギリスの旗 イギリス
2017年 II BY IV DESIGN
カナダの旗 カナダ
The Residences of 488 University Ave トロント
カナダの旗 カナダ
2018年 ザハ・ハディッド・アーキテクツ
イギリスの旗 イギリス
ポートハウス アントワープ
ベルギーの旗 ベルギー
2019年 MOZHAO ARCHITECTS
中華人民共和国の旗 中国
Zishe·Planting Pavilion and Planting Terrace Shenzhen
中華人民共和国の旗 中国


開催地[編集]

リーフ賞授賞式は毎年場所を変えて開催される。これまでの開催日時および開催地は以下のとおり。

  • 第1回 2004年
  • 第2回 2005年
  • 第3回 2006年9月16日 ドバイ、マリオット・ホテル
  • 第4回 2007年11月29日 ロンドン、ザ・ウォルドルフ・ヒルトン
  • 第5回 2008年10月23日 ロンドン、ザ・ドーチェスター
  • 第6回 2009年9月4日 ベルリン、ザ・リッツ・カールトン ベルリン
  • 第7回 2010年9月10日 ロンドン、インターコンチネンタル ロンドン・パークレーン
  • 第9回 2012年9月21日 ロンドン、フォーシーズンズホテル ロンドン
  • 第13回 2016年10月14日 ロンドン、Millenium Glouster Hotel ロンドン
  • 第14回 2017年9月21日 ロンドン、The Royal Horseguards Hotel ロンドン
  • 第15回 2018年10月18日 フランクフルト、Frankfurt Marriott Hotel フランクフルト
  • 第16回 2019年10月24日 ベルリン、Berlin Marriott Hotel ベルリン

日本関連[編集]

2008年(第5回)受賞作品

2008年(第5回)ノミネート作品

  • 商業建築部門 隈研吾建築都市設計事務所 「音戸市民センター」(広島県呉市)
  • 個人住宅部門 筒井康二建築研究所 「Industrial Designer House」(東京都世田谷区)

2009年(第6回)ノミネート作品

  • 個人住宅部門 田頭健司建築研究所 「House in Takanohara II」(京都府)

2010年(第7回)受賞作品

2010年(第7回)ノミネート作品

2012年(第9回)ノミネート作品

2013年(第10回)受賞作品

  • 個人住宅部門 山下保博/アトリエ・天工人 「バウンダリー・ハウス」 (宮城県)
  • HOSPITARITY BUILDING OF THE YEAR(年間最優秀賞) 藤井崇司/日建スペースデザイン 「京都センチュリーホテル ロビーレストラン」 (京都市)
  • サステイナブルな開発部門 山下保博/アトリエ・天工人 「備蓄倉庫」 (宮城県)
  • Yasuhiro Yamashita + Kenji Mizukami + Ben Matsuno / TeMaLi Architect 「釜石復興公営住宅」 (岩手県)

2013年(第10回)ノミネート作品

  • 個人住宅部門 井戸健治1級建築士事務所 「HOUSE IN TAKAMATSU」 (高松市)
  • 集合住宅部門 岩田伸一郎建築設計事務所 「M-apartment」 (千葉県)

2014年(第11回)受賞作品

2014年(第11回)ノミネート作品

2015年(第12回)受賞作品

  • REFURBISHMENT OF THE YEAR(年間最優秀賞) 藤井崇司/日建スペースデザイン 「ANAクラウンプラザホテル広島 木漏れ陽のチャペル」 (広島市)

2015年(第12回)ノミネート作品(ショートリスト)

2016年(第13回)ノミネート作品(ショートリスト)

  • 個人住宅部門 bandesign 「Everlong」 (愛知県)
  • 国際インテリアデザイン部門 佐々木龍一/佐々木設計事務所 + 奥村梨枝子/ATELIER O  「米洲ギャラリー」 (東京都)
  • リファービッシュ部門 サポーズデザインオフィス 「ONOMICHI U2」 (広島県)
  • ベストサステイナブルDevelopment 部門 中村拓志+NAP建築設計事務所 「上勝パブリックハウス」 (徳島県)
  • ベストサステイナブルDevelopment 部門 山崎健太郎デザインワークショップ 「はくすい保育園」 (千葉県)
  • Best Façade Design and Engineering 部門 相坂研介設計アトリエ 「慶雲ビル」 (東京都)

2017年(第14回)受賞作品

2017年(第14回)ノミネート作品(ショートリスト)

  • 集合住宅部門  佐々木龍一/佐々木設計事務所 + 奥村梨枝子/ATELIER O , 郷内秀峰/モデリア (PRODUCER),大橋伸光/秀光建設 (建築主) 「モデリアデイズ護国寺」 (東京都)
  • ホスピタリティ(完成) 部門 中村拓志+NAP建築設計事務所 「ベラビスタ レストラン エレテギア」 (広島県)
  • ホスピタリティ(完成) 部門 Momoeda Yu Architecture Office 「長崎県 丘の礼拝堂」 (長崎県)

2018年(第15回)ノミネート作品(ショートリスト)

  • ベストリジェネレイティブインパクト部門 パーシモンヒルズ・アーキテクツ 「CUT」(神奈川県)
  • ベストリジェネレイティブインパクト部門 YDS建築研究所 「House N」(東京都)
  • ミックスユーズビルディング部門 MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO 「道の駅ましこ」 (栃木県)
  • 個人住宅部門 アーキテクトン 「Landing House II」(千葉県)
  • 個人住宅部門 ヒココニシアーキテクチュア 「Taki」(北海道)
  • 国際インテリアデザイン部門 Matsuya Art Works / KTX archiLAB 「The Racket Submarine」(兵庫県)
  • 国際インテリアデザイン部門  日建スペースデザイン 「IBM Japan Osaka Office」(大阪府)
  • 商業建築部門 Matsuya Art Works / KTX archiLAB 「The Edge of the Wood」(兵庫県)
  • 商業建築部門 日建設計 「東急プラザ銀座」(東京都)
  • ホスピタリティ(完成) 部門 Nakayama Architects 「Zaborin」(北海道)
  • ホスピタリティ(完成) 部門 百枝優建築設計事務所 「Four Funeral Houses」(福岡県)
  • パブリックビルディング 部門 MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO 「道の駅ましこ」(栃木県)
  • Best Achievement in Environmental Performance 部門 小堀哲夫/小堀哲夫建築設計事務所 「NICCAイノベーションセンター」(福井県)
  • Best Façade Design & Engineering 部門  大林組 「THKビルディング」(東京都)

2019年(第16回)受賞作品

  • 個人住宅部門 藤原・室 建築設計事務所 「House in Toyonaka」(大阪府)

2019年(第16回)ノミネート作品(ショートリスト)

  • Best Arts & Culture Building Project 部門 日建設計 「國學院大學ラーニングセンター」(東京都)
  • 集合住宅部門  佐々木龍一/佐々木設計事務所 「DAITA」(東京都)
  • ベストインテリアデザイン部門 成瀬・猪熊建築設計事務所 「Nine Hours Namba Station」(大阪府)
  • ベストインテリアデザイン部門 日建スペースデザイン 「JR西日本 TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(日本)
  • 商業建築部門  KTX archiLAB 「Cloud of Luster Wedding Chapel」(兵庫県)
  • 商業建築部門 日建設計 「上海緑地中心」(中国上海市)
  • 商業建築部門 日建設計 「住友不動産麻布十番ビル」(東京都)
  • 商業建築部門 オノデラヨシヒロ建築設計室 「KP-Project」(埼玉県)
  • ホスピタリティ(完成) 部門 東畑建築事務所 「THE THOUSAND KYOTO」(京都府)
  • Best Public Building Project 日建設計 「長崎県庁舎」(長崎県)
  • Best Façade Design & Engineering 部門 手塚建築研究所 「富岡商工会議所会館」(群馬県)

外部リンク[編集]