佐々木長左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 長左衛門(ささき ちょうざえもん、1879年明治12年)12月8日 - 1953年昭和28年)3月31日)は、日本教育者。豊栄尋常小学校校長などを務めたほか、旭川でアイヌ細工、アイヌ関連の書籍などを販売する民芸土産物店を開業した。クリスチャン[1]

生涯[編集]

宮城県に生まれる[1]。1897年(明治30年)に教職に就いた。

1908年(明治41年)、 北海道上川郡[要曖昧さ回避]上川尋常高等小学校の教師となる。その10年後の1918年(大正7年)[2]旭川区豊栄尋常小学校[3]の校長となる[4]。学校の隣には日本聖公会の伝道所があり、伝道師の金成マツとその母、およびマツの妹の子である知里幸恵が住んでいた[1]

1922年(大正11年)7月、『アイヌの話』(旭屋書店)を刊行、巻末の「アイヌの昔話」のうち2篇は知里幸恵の寄稿による[5]。幸恵は同年9月に東京で死去した。1923年(大正12年) 3月末で豊栄小学校は廃校[6]となり校長を退職し、北海道庁立旭川商業学校に勤務する[4]。8月10日、金田一京助の訪問を受ける[7]

1926年(大正15年) 、妻の名義で「佐々木豊栄堂」を開業。アイヌ細工や絵葉書アイヌ人形、アイヌ関連書などを販売し[8]、旭川における民芸土産品店の草分けとなる[4]

1937年(昭和12年) に旭川商業学校を退職する。

1942年(昭和17年)より、 北海道第三師範学校(現・北海道教育大学旭川校)の図書室に勤務した(1948年まで)。

1950年(昭和25年) には北海道開発大博覧会に協力し、田中敏文知事より感謝状を授与する。 1951年(昭和26年) 、郷土資料などを旭川市に寄贈し、市長より表彰された。

1953年(昭和28年)3月31日に死去。

著編書[編集]

主に国立国会図書館のデータによる。旭川文学資料館や旭川市図書館に所蔵されている(複写含)。

  • 『アイヌの話』(旭屋書店、大正11年)
    • 『アイヌの話 再版』(佐々木豊栄堂、大正15年)[9]
    • 『アイヌの話 3版』(佐々木豊栄堂、昭和2年)
    • 『アイヌの話 増補4版』(佐々木豊栄堂、昭和6年)
  • アイヌの熊狩と熊祭』(佐々木豊栄堂、大正15年)
    • 『アイヌ史資料集 第5巻 (言語・風俗編 2)』(河野本道選、北海道出版企画センター、1980年)に収録
  • 北海道旭川市アイヌ写真帖』(佐々木豊栄堂、昭和4年)
  • 『近文アイヌ部落概況』(佐々木豊栄堂、昭和7年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 青柳文吉「知里幸恵と二人の日本人」『知里幸恵「アイヌ神謡集」への道』東京書籍、2003年、p.135
  2. ^ 『北海道歴史人物事典』(北海道新聞社、1993年、p.162)による。なお、青柳文吉「知里幸恵と二人の日本人」『知里幸恵「アイヌ神謡集」への道』(東京書籍、2003年、p.135)では大正9年としている。
  3. ^ 北海道旧土人保護法によるアイヌ民族子弟のみを対象した学校。
  4. ^ a b c 『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年、p.162
  5. ^ 青柳文吉「知里幸恵と二人の日本人」『知里幸恵「アイヌ神謡集」への道』東京書籍、2003年、p.137
  6. ^ 北海道旧土人保護法・特別教育規定の廃止により、アイヌ子弟も一般教育を受けることになったため廃校となった。
  7. ^ 青柳文吉「知里幸恵と二人の日本人」『知里幸恵「アイヌ神謡集」への道』東京書籍、2003年、p.138
  8. ^ 上山浩二郎「旭川市におけるアイヌ文化の動態 (PDF)
  9. ^ 再版より金田一京助が序文を書いている。

参考文献[編集]

  • 『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年(「佐々木長左衛門」の項目)
  • 青柳文吉「知里幸恵と二人の日本人」『知里幸恵「アイヌ神謡集」への道』東京書籍、2003年

外部リンク[編集]