佐々木敏 (栄養学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐々木 敏
生誕 三重県津市
研究分野 栄養疫学
社会予防疫学
食生活学
研究機関 東京大学大学院医学系研究科
女子栄養大学
出身校 京都大学工学部卒業
大阪大学医学部卒業
大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了
ルーベン大学大学院医学研究科博士課程修了
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

佐々木 敏(ささき さとし、1957年 - )は、日本の栄養学者、医師、医学博士Ph.D。専門分野は栄養疫学東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野教授女子栄養大学客員教授[1][2]三重県津市出身。国立がんセンター研究所支所、国立健康・栄養研究所などを経て2007年より現職[1]

いち早く「EBN (Evidence Based Nutrition)」を提唱し、日本人が健康を維持するために摂取すべき栄養素とその量を示したガイドライン「日本人の食事摂取基準」(厚生労働省)策定において、中心的役割を担う。著書に『わかりやすいEBNと栄養疫学』(同文書院)、『佐々木敏の栄養データはこう読む!』『佐々木敏のデータ栄養学のすすめ』(ともに女子栄養大学出版部)ほか。月刊誌『栄養と料理』(女子栄養大学出版部)にて「佐々木敏がズバリ読む栄養データ」を連載中[3][4]

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『改訂 公衆栄養学―日本人の食事摂取基準(2005年版)の活用 準拠 (Nブックス)』(2008年、建帛社

連載[編集]

  • 「佐々木敏がズバリ読む栄養データ」(月刊誌『栄養と料理』2011/4月号 - )

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 社会予防疫学分野メンバー紹介”. 東京大学医学部研究科. 2021年7月26日閲覧。
  2. ^ 佐々木 敏 Sasaki Satoshi”. KAKEN(科学研究費助成事業データベース). 2021年7月26日閲覧。
  3. ^ 寄稿者 佐々木敏”. ハフィントンポスト. 2021年7月26日閲覧。
  4. ^ 佐々木先生のためになる栄養学”. 生活協同組合ユーコープ. 2021年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]