佐々木志賀二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木志賀二

佐々木 志賀二(ささき しがじ、1882年明治15年)2月15日[1]1934年昭和9年)9月18日[2])は、衆議院議員立憲政友会)、貴族院議員

経歴[編集]

岡山県和気郡和気町の長谷川家に生まれ、佐々木孚一郎の養子となった。1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業した[3]統監府理事庁属、朝鮮総督府中枢院属兼朝鮮総督府属、朝鮮総督府試補、朝鮮総督府道事務官となり、忠清北道財務部長、同第二部長、全羅北道第二部長、京畿道第二部長を歴任した[2]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。1925年(大正14年)には貴族院多額納税者議員に選出された。

その他に白菊酒造株式会社取締役を務めた[3]。また地主であったが、佐々木家小作人殖産組合を創設して小作問題に取り組んだ[4]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十三回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1920年、25頁。
  2. ^ a b 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b 『人事興信録』
  4. ^ 佐々木志賀二『徹底的小作擁護論』、1919年

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。