佐々木徹 (国文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 徹(ささき とおる、1940年(昭和15年)9月4日 - )は、日本近代文学研究者茨城キリスト教大学名誉教授立教大学文学部日本文学科卒。同大学院修士課程修了。鹿児島の大学をへて、シオン短期大学教授、茨城キリスト教大学教授、2011年定年、名誉教授。佐々木冬流の筆名を用いた。

著書[編集]

  • 島崎藤村清水書院センチュリーブックス 人と作品、1966
  • 正宗白鳥』清水書院センチュリーブックス 人と作品、1967
  • 徳田秋声』佐々木冬流、清水書院 Century books 人と作品、1981[1]
  • 伊藤整研究 新心理主義文学の顛末』佐々木冬流、双文社出版、1995

参考[編集]

  • 『徳田秋声』福田清人の序文 
  • 『現代日本人名録』2002年 

[編集]

  1. ^ 名義は「福田清人共編」になっているが佐々木の単著。