住友ナコ マテリアル ハンドリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2015年1月
住友ナコ マテリアル ハンドリング株式会社
SUMITOMO NACCO MATERIALS HANDLING CO., Ltd.
種類 株式会社
略称 住友ナコMH
本社所在地 日本の旗 日本
474-8555
愛知県大府市大東町2-75[1]
北緯35度0分16.5秒
東経136度58分26.8秒
座標: 北緯35度0分16.5秒 東経136度58分26.8秒
設立 1972年昭和47年)5月1日[1]
(住友エール株式会社)
業種 輸送用機器
事業内容 フォークリフト及び物流機器の開発、製造等。
代表者 代表取締役社長 加藤成[1]
資本金 10億円[1]
売上高 274億円(2014年)[1]
従業員数 700名[1]
主要株主 住友重機械工業(株) 50%
ナコ社 50%
主要子会社 住友ナコ マテリアル ハンドリング販売(株) 100%
外部リンク http://www.sumitomonacco.co.jp/
テンプレートを表示

住友ナコ マテリアル ハンドリング株式会社(すみともナコ マテリアル ハンドリング、: SUMITOMO NACCO MATERIALS HANDLING CO., Ltd. )は住友重機械工業アメリカフォークリフト大手、ナコ・インダストリーズとの合弁会社愛知県大府市に本社を置くフォークリフトメーカー。

概要[編集]

1969年昭和44年)4月、住友重機械工業とイートン社(1984年エール社、1994年現在のナコ社となる)がフォークリフトついての技術提携を行い1970年(昭和45年)7月に住友重機械工業株式会社フォークリフト事業部が発足。同年10月には住友エールフォークリフトを販売した。1972年(昭和47年)前身となる住友エール株式会社が設立され、1999年(平成11年)に住友ナコ マテリアル ハンドリング株式会社に商号を変更し現在に至る。

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年)7月 - 住友重機械工業株式会社がフォークリフト事業部を発足[2]
  • 1972年(昭和47年)5月1日 - 「住友エール株式会社」を設立[2]
  • 1999年(平成11年)11月 - 「住友ナコ マテリアル ハンドリング株式会社」に商号を変更[2]
  • 2002年(平成14年)3月 - 神鋼電機株式会社(現・シンフォニア テクノロジー株式会社)からフォークリフト事業を譲り受け、販売子会社としてシンコーフォークリフト株式会社を設立[2]
  • 2007年(平成19年)1月 - 累計生産台数が30万台を達成[2]
  • 2010年(平成22年)1月1日 - 子会社である住友ナコ マテリアル ハンドリング販売株式会社が同じく子会社のシンコーフォークリフト株式会社を吸収合併[2]

関連会社[編集]

  • 住友ナコ マテリアル ハンドリング販売株式会社[3]
  • スミナック フィリピンズ株式会社[3]
  • 住友ナコ マテリアル ハンドリング ベトナム株式会社[3]
  • 上海ハイスター フォークリフト有限公司[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 会社概要”. 住友ナコ マテリアル ハンドリング株式会社. 2015年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 沿革”. 住友ナコ マテリアル ハンドリング株式会社. 2015年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c d グループ会社”. 住友ナコ マテリアル ハンドリング株式会社. 2015年7月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]