位野木寿一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

位野木 寿一(いのぎ かずいち、1909年(明治42年) - 2006年(平成18年)7月16日)は、日本の地理学者香川県生まれ。1935年東京文理科大学地理学科卒、1935年静岡中学校(現・静岡県立静岡高等学校)教諭、36年大阪府天王寺師範学校教諭、1949年大阪学芸大学助教授、校名変更で大阪教育大学教授、66年附属図書館長、1975年定年退官、名誉教授。1961年「戦後における戦災衛星都市堺の変貌」で東京教育大学理学博士

著書[編集]

  • 『復興期における衛星都市堺の変貌』還暦記念事業委員会、1969
  • 『位野木寿一地理学論文集 大阪とその周辺』位野木寿一先生退官記念事業会、1975
  • 『金毘羅灯籠の交通地理的意義』こんぴら門前町を守る会、1989

共編著[編集]

  • 『社會科郷土シリーズ 大阪府 わが郷土』長井勝正共著 清水書院、1949
  • 『人文地理学』小牧実繁築山治三郎共編 新元社、1959
  • 『日本地誌ゼミナール 第6 近畿地方』共編 大明堂、1964
  • 『社会科における理論と実践シリーズ 指導のための野外観察』沢田清共編著 中教出版、1972
  • 『現代地理教育講座』全4巻 矢嶋仁吉山鹿誠次共編 古今書院、1972 - 77

参考[編集]

  • 位野木寿一先生略歴・著作目録 (位野木寿一教授退官記念号) 地理学報、1975 - 03
  • 新聞記事訃報