築山治三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

築山 治三郎(つきやま じさぶろう、1905年-1989年6月27日)は、東洋史学者。 京都市生まれ。京都府立第二中学校(現京都府立鳥羽高等学校)卒、東京高等師範学校地歴科卒、1934年東京文理科大学東洋史学科卒、群馬県立高崎中学校(現群馬県立高崎高等学校)教諭、神戸市立第一中学校(現神戸市立葺合高等学校)教諭、岩手県師範学校教授、北海道第三師範学校教授、青森師範学校教授、弘前大学助教授、1968年「唐代政治制度の研究」で東京教育大学文学博士西京大学助教授、1953年京都府立大学教授、69年定年退官、名誉教授、園田学園女子大学教授、京都産業大学教授。

著書[編集]

  • 『唐代政治制度の研究』創元社 創元学術双書 1967
  • 『教育四十年のあゆみ』同朋舎 1969
  • 『風土と歴史』創元社 1972
  • 三宅米吉その人と学問』日本図書文化協会 1983
共編

参考[編集]

  • 『唐代政治制度の研究』著者紹介 
  • 『人物物故大年表』