伊藤隆道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 隆道(いとう たかみち、1939年 - )は日本の造形家。「動く彫刻」の第一人者。東京芸術大学名誉教授、環境芸術学会会長、道都大学客員教授他。

北海道札幌市に生まれる。東京芸術大学美術学部工芸科金工を卒業し、ショーウィンドウディスプレイのデザインをかわきりに、彫刻、照明など幅広く立体造形の作品をてがける。鏡面のステンレスパイプを曲げ、モーター駆動により優美な造形を動かす作品を制作する。

略歴[編集]

  • 1963:資生堂会館ショーウィンドウディスプレイのデザインを始める
  • 1970:日本万国博覧会テーマ館、日本館、リコー館、迎賓館、クポタ館、水中レストラン、企画/モニユメント設置
  • 1975:第2回彫刻の森美術大賞展(箱根彫刻の森美術館)廻る曲線のリング・大賞
  • 1980:ホワイトイルミネーション・サッポロ (大通公園・札幌)企画.デザイン(〜現在まで毎年開催)
  • 1988:プリスベン国際博’88彫刻展(オーストラリア・ブリスベン)出品
  • 1993:東京芸術大学美術学部教授就任
  • 2004:「伊藤隆道 動く彫刻・上海展」(上海城市規劃展示館)
  • 2006:東京芸術大学教授退任・名誉教授就任

主な作品所蔵先[編集]

外部リンク[編集]