伊藤貞市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 貞市
生誕 1898年9月27日
日本の旗 日本 大阪府
死没 (1980-10-10) 1980年10月10日(82歳没)
研究分野 鉱物学結晶学
研究機関 東京帝国大学京都大学
出身校 東京帝国大学
主な受賞歴 帝国学士院賞(1945年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

伊藤 貞市(いとう ていいち、1898年9月27日 - 1980年10月10日)は日本の地球科学者東京大学名誉教授。専門は鉱物学結晶学理学博士東北帝国大学、1939年)。大阪市出身。シカゴ大学などに在籍し、鉱物学者として活躍した伊藤順は貞市の子息である。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1924年4月:東京帝国大学理学部講師
  • 1925年:東京帝国大学理学部助教授(鉱物学教室)
  • 1926年1月:ドイツ留学
  • 1927年: スイス留学
  • 1931年7月:英国留学(1932年9月まで)
  • 1943年11月:東京帝国大学理学部教授
  • 1954年:京都大学理学部地質学鉱物学科教授併任(鉱物学講座)
  • 1959年3月:東京大学定年退官、京都大学理学部地質学鉱物学科教授
  • 1961年9月:京都大学定年退官

学外における役職[編集]

受賞歴[編集]

その他[編集]

1954年、大分県木浦鉱山から新鉱物亜砒藍鉄鉱」を発見し記載した。1960年、ナミビアで発見された新鉱物が「伊藤石」(itoite) と命名された。

著書[編集]

  • 伊藤貞市編『本邦鑛物図誌 1-4』大地書院、1937-1941。
  • 伊藤貞市『本邦鑛物図誌1 再版』大地書院、1942。
  • 和田維四郎『日本鑛物誌 上巻』伊藤貞市・櫻井欽一編、中文館書店、1947。
  • Ito, T. : X-ray Studies on Polymorphism. Maruzen, Tokyo, 1950.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース