伊藤操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 操(いとう みさお)は日本ファッションジャーナリスト

来歴[編集]

1971年明治大学文学部卒業。1973年サン・デザイン研究所スタイリスト科卒業。

主にニューヨークでキャリアを積み、1985年から2000年まで繊研新聞社ニューヨーク通信員等として、日本のメディアにニューヨークのファッション、アート、ライフスタイル等についての記事を寄稿。2001年に帰国し、日本版「ハーパース・バザー[1]編集長に就任(2001年 - 2006年1月)。

2009年インターナショナル・ラグジュアリー・メディア顧問。また、株式会社バンタンが主催する「NYクリエイティブクルーズ」のオーガナイザー等を務める他、これまでに、ダナ・キャランジョルジオ・アルマーニラルフ・ローレン等の主要デザイナーから、スウェーデン次期王位継承者のヴィクトリア王女、女優・プロデューサーサラ・ジェシカ・パーカー、韓国スターイ・ビョンホン等までのインタビュー実績がある。

現在、ニューヨークと東京をベースにアート、ビューティー、ファッション等、さまざまなプロジェクトを展開中。また、"Call Me Again"等、ラブソングの作詞作曲も手がける。FaceBookに、"New York Health Report"を執筆。

著書[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ニューヨーク発祥の世界的に有名なファッション誌。女性向けファッション誌としては世界最古の歴史を誇る。日本語公式ウェブサイト